電磁波でかこまれた世界で、少しでも言いたいことを残すブログ。

電磁波で死んでしまう前に

Apple Mac

2回目のキーボード修理で確信した、MacBookそしてAppleのユーザーファースト

投稿日:

2回もキーボード修理。無償の、クルマで言えばリコール修理。

普通だと、「何やってんだよ、Apple!」となりますが、ますますApple愛が深まることになりましたよ。



 

1.キーボードの修理をしました

 

いくつかのキーの反応が悪いと感じはじめ、確か修理するプログラムがあったなと思い出し、自分の機種を調べたら該当しました。

 

結果的に無償で修理してもらったという話なのですが、そのストーリーをここに書き、Appleをたたえます。

 

 

2.まずは、Apple Store(アップルストア)天神

 

上記のAppleの動作の確認や修理などの方法がいくつか書いてあります。

まずは、予約無しでApple Store天神のGenius Bar(ジーニアスバー)を訪ねました。

 

すると、

  • 上記のキーボード修理プログラムに該当する可能性が高いこと
  • 天神のサポートスタッフに空きがないこと(予約無しの飛び込みだったので)
  • ストアでの対応は時間(日数)がかかること

から、アドバイザーとの電話連絡+その後ヤマト運輸での配送手配の流れに進むことを勧められました。

というわけで、Appleサポートから電話をもらう日時を予約し退店しました。

 

 

3.Appleサポートのアドバイザー

 

ここからが今回の修理の本番です。

自宅に戻り、Appleサポートからの電話です。

 

「commandキーと●●キーを押して、再起動してみてください。その後試してみたらどうなりますか?」

「起動して「option」「command」「P」「R」の 4 つのキーを同時に押し、しばらくしたら手を離してみてください」

 

などなど、実際に会話した内容は正確ではなく忘れましたが、不具合の原因の追及、不具合が解消できないかを試す等などを、アドバイザーの説明を聞きながらやってみました。

この間、アドバイザーと電話で1対1、十数分です。アドバイザーの説明は丁寧で、再起動する間も待っていてくれます。当たり前ですけど。

わたしはMacを使い始めて長く経つので、操作の説明がわかりますけど、わからない人にも丁寧に説明してくれるのだろうと思います。

 

メーカーのサポートがここまで丁寧かなあ、と感動します。

 

 

4.結局、修理に出しました

 

アドバイザーとのやりとりの結果、改善することはなく、結局ヤマト運輸の集荷で修理に出すことになりました。その予約もアドバイザーが電話口でしてくれます。

で、翌日だったかヤマトに預けました。待つこと数日、以下のメールで、無償修理・発送の案内です。

 

もっと時間がかかるかなあ、と予想してましたが、サポートセンターに商品が到着した日に修理が完了、手元に届いたのは、発送した日から4日後でした。

早い、速い。

 

 

5.修理の内容

 

修理された結果は以下のとおりです。

わたしが感じていた不具合は確認され、結局トップケース(キーボード、バッテリー一体型)全体が交換されたようです。

キーボードとバッテリーが一体になった、トップケースって言うんですね。

 


以前ツイートしたのですが、ご覧のとおりキーの表示も変わってます。キーボード全体が交換されたことがわかります。

 

もちろん、修理(正確には交換)後のキーの動作は問題なし。

 

以前の修理のご報告のときも申し上げておりますが、返却時の梱包がしっかりしているヤマト。

過大請求で問題になっているヤマトですが、こういうラストワンマイルの丁寧さ、品質はさすがです。

(しかし過大請求はいけません。わたしの所属するグループ会社も、過大請求の対象になっていたらしく、取引が制限されるらしい。)

 

 

6.メーカーのサポートの品質

 

モノを作って売る企業のサポート。

Apple Storeでの丁寧さ、Genius Barのスタッフのエキスパート、電話サポートの丁寧さと確実な解決。

Appleが強みとしているのは、パソコンで言えばハード(Mac)もソフト(macOS)も同じ会社がやっていることで、一気通貫でのクオリティを維持向上させること。

 

そもそも有人、人がいる店舗でのサポートしてますか。Apple以外で。

全国に数店舗しかないですが、あること自体が優秀。

 

2度も修理したMacですが、Mac、そしてAppleがまた好きになったという話です。

 

【関連記事】

1回目のキーボード修理 〜旅立ち〜

MacBook Proは人間ドックに旅立ちました

最近、MacBook Proのキーボードに違和感を感じてました。 MacBook Pro 2016 Retinaです。 このキーボードの右上あたり、上の画像のいくつかのキーがペコペコしてました。 極端 ...

続きを見る

 

1回目のキーボード修理 〜お帰り〜

MacBook Proが人間ドックから帰ってきました

MacBook Proが人間ドックから帰ってきました。 「修理され」、「きれいな姿で」、「短期間で」。     1.どのように修理されたか 以前、こちら ↓ の記事でもご紹介したとおり、キー ...

続きを見る

 

AppleのGenius Barに感動

me.comが復活した 神対応 Genius Bar 再び

タイトルどおりです。 me.comが復活しました、Genius Bar(ジーニアスバー)で。 Genius Bar     1.やっぱすげえわ、Genius Bar me.comの ...

続きを見る

 

 

 



おすすめ記事

1

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

2

今使っているスマートフォン・携帯電話会社は、iPhoneとIIJmio。 IIJmioをLINEモバイルに変更するかしまいか、悩んでいましたが、変更しました。 参考にしてください。   1. ...

3

このブログ、開設以来10万ページビュー(PV)を達成しました。 のべ、10万人の方にご覧いただいたということ。 上図は、はてなブログのアクセス表示です。 たまたま開いたら、キリ番でした! ・・・は冗談 ...

-Apple, Mac

Copyright© 電磁波で死んでしまう前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.