電磁波でかこまれた世界で、少しでも言いたいことを残すブログ。

電磁波で死んでしまう前に

居酒屋

こんな居酒屋ならもう来ません、店長さん参考にしたらいいよ

投稿日:

散々批判されたプレミアムフライデーですが、賑わってるじゃん。

いつも暇してる(ごめん)常連の居酒屋に、3店連続で「今日は予約のお客様で・・・」と断られちゃった。

ゴールデンウィークの前日ということもあるんだろうけど、ね。

だから、というわけじゃないんだけど、「こんな居酒屋、二度と来るもんか!」というのを書くね。経営者さん、店長さん、参考にしてもらったらいいよ。

幸いわたしの通うお店にはそんな店は少ないね(だから通うんだろうけど)。



 

1.店員のおしゃべり

店の奥から、店員のおしゃべりが聞こえるときがあるよ。

仕事についての会話だったらいいんだけど、そうじゃないこともある。

あれは止めたほうがいいよ。

「私語は一切禁止!」とは言わない。

コソコソ話す分にはいいんだけど、そんな様子もなく、客に聞こえていると自分たちもわかってるだろう、というほどの緊張感のなさでしゃべくりしてる君たち、お客さんはすごく不快な空気を感じてるよ。

 

2.「ひとつ、私たちは・・・」

アルバイトでしょう、営業開始後に出勤してきた店員が奥の方で、

 

ひとつ、私たちは美味しさを追求し・・・
ひとつ、私たちはお客様に笑顔を・・・

 

みたいに、合言葉というかそのお店の信条、理念みたいなのを言わされている。

それ自体は否定しないんだけど、客がいるのに、しかもその声が店内に響き渡っているのはどうしたものか。

客はいづらくてしょうがないんですよねぇ。

 

やるんだったら奥の方でお願いします。

 

3.一人呑みが楽しいのに、店員がフレンドリー

フレンドリーな店員を否定はしないんだけど、わたしみたいにひとりで飲むのが好きな人間は、しゃべりかけられるのが苦手。

ときどきならいいんだけど、しょっちゅうしゃべりかけられるとね。

あるときなどは、個室(そのお店全部が個室で、ひとりで入店しても個室に座らせてくれる)の店に1時間半ほどいたら40分くらいずっと横にいてしゃべりかけられるってのを経験して、もう行きづらい。というか、もう行かない。

よかれと思ってやってるんだろうけどね、その店員は。わたしが寂しそうに見えたんですかね。

 

しゃべりかけてほしい客もいれば、そうでない客もいる。

ぜひ、客の様子を感じとってくれて、少なくともわたしの場合はほうっておいてね。

 

蛇足

関ジャニ∞がナビゲーターをつとめるプレミアムフライデー推進協議会。

渋谷すばるくんがまだ載ってますね。

 

 

 

 

おすすめ記事

1

この記事はわたしのブログ品質向上マニュアルです。以前から書き留めていた、備忘録みたいなもの。 誰かのために書いた記事ではないので、自己満足の記事です。 とはいえ、 わたしの書いたメモが誰かの参考になる ...

2

今使っているスマートフォン・携帯電話会社は、iPhoneとIIJmio。 IIJmioをLINEモバイルに変更するかしまいか、悩んでいましたが、変更しました。 参考にしてください。   1. ...

3

このブログ、開設以来10万ページビュー(PV)を達成しました。 のべ、10万人の方にご覧いただいたということ。うれしい話です。   上図は、はてなブログのアクセス表示です。 たまたま開いたら ...

4

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-居酒屋

Copyright© 電磁波で死んでしまう前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.