電磁波でかこまれた世界で、少しでも言いたいことを残すブログ。

電磁波で死んでしまう前に

雑談

クリスマスイブの夜に体験したことを書きます、真実です。そう思えない人は去ってくれ

たいそうなタイトルにしました。だって、注目してほしいんだもん!




20年以上前、独身時代に経験したことです。現代の東京で今でも起きているのか知らんけど。

 

メモ

以下、部署名、人物名はすべて架空です。リアリティを保ちつつ特定もされないように、架空の名称を使いました。ご容赦を。

 

 

1.ふたつの部の交流から始まった

 

営業部から企画部に異動してきた佐藤さん。

佐藤さんの存在で、それまでつながりのなかった営業部と企画部の間に交流が生まれ、若手社員(電磁波含む)の飲み会などが開催されるようになりました。

仕事上も無関係ではなかったふたつの部でしたから、公私ともに仲良くなるみたいな。

 

 

2.佐藤さんの後輩の鈴木さん

 

比較的仕事でつながりがあり、また、佐藤さんの年下でもある鈴木さんとは、よくおしゃべりしてました。

すごく好感を感じる女性でした。

女性が苦手だったわたしも、彼女とは緊張せずに話せる間柄でした。

 

そんな彼女を、なんとなく食事に誘いました。

交流が盛んだったふたつの部の間で、こういう声をかけるのは割とよくあることだったし、わたしも彼女に自然と声をかけた感じでした。

異性として、恋愛の対象として、という気持ちは一切ありませんでした。

 

 

3.その日はクリスマスイブだった

 

誰も信じないかもしれません。

 

彼女と待ち合わせた三田駅近くのレストラン。

無事、予定の時刻で落ち合ったふたりは、お店にはいります。

 

はいったお店は、フロア全体の画像が思い出せないのですが、少なくともわたしの視界にはいった空間は、すべてが

  • 比較的小さいテーブル
  • そのテーブルに向き合うひとりずつの椅子

というものでした。つまり、全てがカップル用だったのです。

 

さらに、メニューをお店にお願いしたのですが。

店員の発言

「今日は6,500円のコースのみとなっております」

との答え。

 

えー!

なんでー?

予約したとき、お店はそんなことひと言も言ってなかったのに・・・

 

お金は持ってました。たとえ恋愛関係じゃなくても、男が女性にごちそうするものだ、という信念がありましたので。それなりに用意してましたから。だから、お金はいいんです、まだ。

でも、だからといって、メニューは一択?

 

そう。頭の回転がいい方はもちろん、あの裸の王様でさえもきっとわかるでしょう、この事象。

その日は、クリスマスイブ。

そのレストランは、その日はクリスマスイブ仕様で、テーブルのレイアウト、メニューも恋人同士の場として設えられていたんです。

 

率直に申し上げて、「メニューの選択の余地がなく、コースのみ」という現実に遭遇した時点で初めて、この日がクリスマスイブであり、お店もカップルのため、になっていたことに気づいたのが、女性関係にわたしなのでした。

 

 

4.このお店のこと

 

このお店の名前は明かしません。

が、定性的なことを申しますと。

 

このお店を起業した(発症のお店を運営していた)シェフは、料理の鉄人にも出たことがある人物

お店の名前を言えば、少なくとも当時は「あー、あそこは●●料理で名店のひとつだね」と言われる店

 

です。

鈴木さんを誘うために、一生懸命、いいお店を探しました。

で、このお店を予約できました。わりとすんなりでした。

スンナリだったからこそ、気づかなかったのかもしれないなあ、クリスマスイブということに・・・。

 

 

5.覚えていない

 

この食事の場で、どんな会話を交わしたのか。

鈴木さんが、この場で笑顔だったのか否か。

全く覚えていません。

ごめんね、鈴木さん。この状況では、あなたのことをわかってませんでした。

 

 

6.佐藤さんから怒られた後日のこと

 

クリスマスイブの日、途中から「こりゃまずい日に、しかもその気になってしまう誘い方をしてしまった」と気づいたわたしは、彼女に対して

 

恋愛の対象ではない

 

ということを、なんとなくの表現で伝えました。

だって、彼女から交際を申し込むことを言われたわけではなかった。

しかも、わたしが勝手に「彼女はわたしに好意を持っているのではないか」と想像しただけの発想だったので。

彼女も、その言葉を、混乱するでもなし、「あなた、何言ってんの?」とバカにするでもなし、受け止めていた様子でした。

 

後日、佐藤さん(鈴木さんの先輩)から怒られました。

 

その気がないのに、なんでそんな日(クリスマスイブ)に誘うの?

彼女(鈴木さん)は、そんな気持ち(交際を想定した恋慕の気持ち)を持っていたし、持っていなかったとしても誘われたらそういう気持ちになる

電磁波さん(このブログの管理人であるわたしのこと)は、女性のことをわかってない

 

そのとおりでした。

鈴木さん、佐藤さん、その両方にわたしは申し訳ないことをしてしまいました。

 

 

バブルという社会の空気感、女性のことをわかっていない未熟なわたし、そんなのがあいまって起こった悲劇なのでした。

でも、鈴木さんはその後ご結婚されて、幸せな家庭を築いている、と聞きました。

きっと、わたしより幸せな家庭を築き、素敵な家族に囲まれていると思います。

 

 

 

あなたの目の前にいる人を、あなたは軽い気持ちで誘いましたか?

あなたは、目の前にいる人を大事に想い、今の時間を過ごしていますか?

 

  • 誘われたあなたは、誘った相手をよくわかってますか?
  • 気持ちのいい時間を過ごしていますか? 居心地が悪くはないですか?
  • まずい、と思ったら、すぐに逃げるのが吉です。相手は、誰かに守られていて、どんなにうったえても、逃げてしまう・嘘をついてしまう人物かもしれません。

 

 

幸せな時間を。

メリークリスマス!

 

 



おすすめ記事

安倍晋三 1

直感で 「やだなこいつ」 「オレとは合わない」 という人物は、最後まで嫌い説、という「水曜日のダウンタウン」的前フリで、書き連ねていく。   このままだと日本が崩壊しそう。その元凶たちがズラ ...

2

わたしはブロガー(アフィリエイターでもありたいのだけど、稼ぎはほとんどないけど)、そしてビールが好き、居酒屋が好き。 なので、ブロガー、モバイラー、ノマドのための居酒屋があったらなあ、といつも思います ...

3

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-雑談

Copyright© 電磁波で死んでしまう前に , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.