カルピスとビール

M−1グランプリ2019の優勝者が決定した瞬間、かまいたちファンのわたしは力が抜けました。

そして、「M−1」ってそういうもんなんだな、と感じ入りました。

かまいたちファンは、2019のM−1をこんなふうにみました、よ、ね。

 

 

1.M−1って不条理なことが起きる

 

M-1は、主に新人のお笑い(漫才。漫才に限定しているわけじゃないが)を発掘するイベント、テレビ番組。

ベテランとか、昔からの実力のあるお笑いタレントが勝つ、とは限りません。

 

2001年(第1回大会)のますだおかだ(面白かったのに、優勝できず)しかり、2007年のサンドウィッチマン(決勝に進めず、敗者復活から優勝。「なぜ彼らは決勝に進めなかったのか」との準決勝の審査員に批判殺到)しかり。

 

大竹まこと
なんだかわからない不確かなモノを、時代が引っ張ってくるんだなぁ

 

と、大竹まことがチュートリアルを評した言葉が今でも頭に残ってますが、M−1てそんなイベントですよね。

ミルクボーイという不条理、想定外が優勝をかっさらっていきました。

 

 

2.ド定番ネタで決勝進出

 

かまいたちファンはみんな思ったはず。

「UFJネタ」はド定番ネタ、それを決勝の1回戦にぶつけてきた。

それで、余裕の決勝進出。

 

UFJって、今や三菱UFJ銀行。

いつの間にか、名称、そして経営母体も変身している経済界も暗に突っ込んでいた(かもね)。

 

力は十分。ド定番をしっかりおもしろく演じてくれた。

 

 

3.ミルクボーイのネタは平坦

 

1回戦と最終決戦。

ミルクボーイのネタは平坦でした。

 

同じ、食べ物ネタ。

コーンフレーク、最中という違いこそあれ、ネタの構成や面白味はふたつの作品で共通。

これら以外にネタはあるのかな、しゃべりはうまいのかな・・・。

 

これから活躍してほしい、と思うけど、かまいたちほどに、ネタの構成や種類の豊富さ、コントもしゃべりもバラエティも全部面白いかまいたち。

 

 

4.審査員が笑いをとりにきた

 

今年も審査員が笑いや騒動を起こしました。

こちらの記事でも触れられてます。

 

 

上沼恵美子は自分のCDを宣伝したり。

created by Rinker
¥1,182 (2021/01/24 18:52:51時点 Amazon調べ-詳細)

松本人志も、相変わらず笑いを交えた評価。

 

立川志らくは、昨年低評価だったかまいたちに対し高評価を出し、優勝決定のあとも「かまいたちを優勝させたかったが」とコメントしていて、かまいたちファン・お笑いファンは、審査員のしゃべりに心を持っていかれた時間が多かったなあ。

 

 

おすすめの記事