電磁波でかこまれた世界で、少しでも言いたいことを残すブログ。

電磁波で死んでしまう前に

ポケモン

ポケモンGOプレイ中の死亡事故がついに発生

投稿日:2016年8月24日 更新日:

ポケモンGOがかかわる死亡事故がついに発生してしまいました。残念〜!

ポケモンGOをプレイ中だった運転手にはねられた人が死んじゃった、という事故です。

いつかは起きるだろうと予想してたけど、やっぱりおきてしまいました。

f:id:e-wave:20160824193738j:plain

 

1.悪いのはポケモンGOだけじゃない

悪いのはポケモンGOだけじゃありません。

歩き回ってポイントを稼ぐ系のアプリは、他にイングレスという老舗があります。

歩き回らなくても、スマホのゲームはたくさんあります。

ゲームじゃなく、スマホで本を読む人もいます。私もそうです。

スマホで本を読むのは良くて、ゲームをするのは悪い、ということはありません。

スマホの画面を凝視しながら、他の安全は無視して歩くのは、よくないのです。

まあ、スマホを凝視している様子をみるだけで、それがポケモンGOなのか読書なのかすぐに判別はつきません。とにかく、歩きスマホが悪いのです。

 

2.悪いのはスマホだけじゃない

悪いのは、スマホだけじゃない。

スマホではない、昔からの(レガシーとでもいいましょうか)紙の本の読書も、歩きながら紙面に夢中になっている様子は、危ないです。

スマホほど人数は多くないですが、歩き読書も批判されていいはずです。

あ、批判されてますね、「歩き読書」。

二宮金次郎(二宮尊徳)の像が、児童・生徒がマネすると安全上の問題があるということから、学校からどんどん撤去されているって話だそうですから。

うん。確かに、そうだ。歩きスマホを悪いというなら、ニノキンの像も問題視されるべきだ。

ただ、像を問題視するより以前に、親や教師がやるべきことがあると思うけどね。

そもそも像の姿を機械的に真似ることをやろうとする子どもがいるだろうか。

いるとして、それは像が存在したから(「あの銅像の、二宮さんみたいになりたいから、真似ようという意識からの行動)でしょうかね。

 

違和感、感じますね。

ヒトは、決して安全を軽視はしないはず。

軽視はしないけど、自分以外の存在に対して軽視はするかもしれない。

それが問題。

歩きスマホに限らず、他人、ヒト以外も含め、自分以外の存在に気持ちをもち行動することが大事、というゴクゴク(プハーなビールの話じゃない)当たり前の結論で、終幕。

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学

おすすめ記事

1

この記事はわたしのブログ品質向上マニュアルです。以前から書き留めていた、備忘録みたいなもの。 誰かのために書いた記事ではないので、自己満足の記事です。 とはいえ、 わたしの書いたメモが誰かの参考になる ...

2

今使っているスマートフォン・携帯電話会社は、iPhoneとIIJmio。 IIJmioをLINEモバイルに変更するかしまいか、悩んでいましたが、変更しました。 参考にしてください。   1. ...

3

このブログ、開設以来10万ページビュー(PV)を達成しました。 のべ、10万人の方にご覧いただいたということ。うれしい話です。   上図は、はてなブログのアクセス表示です。 たまたま開いたら ...

4

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-ポケモン

Copyright© 電磁波で死んでしまう前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.