ビール

わたしの好きなビール類 〜ビール編〜 ラガーの生化ってわかるよね

前回、「わたしの好きなビール類 〜新ジャンル編〜」を書きました。

今回は「わたしの好きなビール類 〜新ジャンル編〜」を書きたいと思います。

自信を持ってオススメのビール、なんておこがましいことは……

 



1.ビール類の分類とビール税改正の概要(2020年10月)

 

本題の前に、来月予定されている酒税改正について触れておきます。

以下の図(こちらのサイトから引用させていただきました)をご覧ください。

2020年10月に行なわれる改定は、3種類のビール類の分類で、

ビールの税金が安くなる

新ジャンル(第3のビール)の税金が高くなる

という予定です。

 

これで、多分、

新ジャンル(いわゆる第3のビール)は10月1日から価格も上がるので、今月中に買いためましょう

 

 

2.好きな「ビール」

 

本題です。

わたしの好きなビールは、

ラガーが生ビールになったとき、居酒屋で飲んだ樽のラガービール

です。

なんやそれ?

と感じた方が多いでしょう。説明します。

 

 

3.ラガーの生ビールの衝撃

 

回り道をしないとわかりづらいと思うので、回り道します。

 

その昔、日本のビールは、キリンのシェアが圧倒的でした。

 

日本のビールシェアの変遷

 

 

1987年にアサヒビールのスーパードライが発売され、キリンビールの圧倒的なポジションは形勢不利に。

上のグラフでアサヒが急上昇しているのがそれです。

 

キリンビールも1990年に一番搾りを発売し、シェアトップを維持するものの、危ういのは間違いなし。

この状況で、キリンビールは「キリンビール」という銘柄(現在のクラシックラガー)を生化するという作戦に出ます。

created by Rinker
キリン クラシックラガー
¥10,008 (2020/10/29 12:16:30時点 Amazon調べ-詳細)

「ラガーの生化(なまか)」

 

現在もそうですが、当時も

ラガーは生ビールじゃないでしょ

ラガーを生にしたら、ラガーじゃないやん

という消費者の批判の声が多く出ていました。

結論から言うと、ラガーの反対が生ではないし、生の反対がラガーではないので、「ラガーの生ビール」はおかしなものではありません。

で、実際、そういう製品が販売されました。

 

それが、わたしの好きなビールなのです。

 

 

4.生のラガーの美味しさ

 

「ラガーの生化」はわたしにとってとても美味しいと感じるものでした。

 

ビールとは苦い飲み物、社会人に成りたてだったわたしにとってもビールは、お付き合いとしては飲むけど、本音はチューハイ、焼酎のお湯割りを飲みたかった。

そんなときに、ラガーの生ビールの樽を発見しました。

発見といっても、たまたまはいったビアガーデンにて、普通の生ビールとキリンラガーの生ビールがメニューに載っていたのです。

話題になってるやつだな

 

で、飲むと美味しい。

苦いのは苦いけど、それがビールらしい苦さを残している、と感じる効果。

そして、生ビールらしい清々しさをあわせもつ。

美味しい!

 

当時、キリンは

  • 「ラガーを生化するなんて、信じられん」
  • 「キリンは大事なものをなくした」
  • 「キリンがラガーを生化するんだったら、スーパードライのほうがマシだから乗り換える」

などと批判されてました、たしか。

が、美味しい“ラガー生”を飲んだわたしは、それらの批判がまるで「アベノマスクをバカにするけど、十分大きいじゃないか!」と叫んでる人たちとダブりました。

(ま、実際のところ、アベノマスクはわたしにとっては極小でしたが……)

 

樽詰め(ジョッキで飲む生ビールですわ)のラガービールは、売ってます。

見かけることは少ないかもしれないけど。

 

 

缶でもラガー生は発売されています。

created by Rinker
ラガービール
¥5,075 (2020/10/29 23:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

この記事を書くにあたり、参考に、また資料の引用もさせていただきました。

ありがとうございます。

 

◆成城大
http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/archives/50886718.html

 

◆明治学院
https://econ.meijigakuin.ac.jp/research/publication/pdf/151-5.pdf

 

◆ビール女子
https://beergirl.net/beerbeginner_01_c/

 

 

前回の新ジャンル編

 

 

 

ぼそっと

「酒税改正」ですが、改正なのか改定なのか改訂なのか。

 

改正:正しくないものを正しいものに変える

 

酒税改正じゃなくて、酒税改定だと思うんだけどな。知らんけど。

 

「改訂・改定・改正」の意味や違い、使い分け方とは?

 



おすすめ記事

1

前回から1年半ぶりの、ブログ運営報告。   ポイント 「ブログ運営報告」ネタは、ブログ管理者の自己満足であって、多く読まれない   とはよく言われる話です。 わたしも、本業のサラリ ...

2

わたしはブロガー(アフィリエイターでもありたいのだけど、稼ぎはほとんどないけど)、そしてビールが好き、居酒屋が好き。 なので、ブロガー、モバイラー、ノマドのための居酒屋があったらなあ、といつも思います ...

3

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-ビール
-

© 2020 電磁波で死んでしまう前に Powered by AFFINGER5