インターネット

どんなときもWi-Fiに行政指導、今後なにが起きるかを注視

どんなときもWi-Fiを運営するグッド・ラック社に対し、総務省が6月19日に行政指導を行ないました。

 

 

詳細は上記のリンクに詳しいですが、要約すると2月〜3月に発生した通信障害に関するもので、以下の要請を行なったとのことです。

 

  • 利用者利益を保護するための措置の速やかな実施
  • 電気通信事業法第27条と同条の2第1号の規定の順守徹底
  • 再発防止措置の実施と実施状況の報告(報告は7月16日まで)

 

これを受けて、グッド・ラック社がどう動くか、注視したいと思います。

 

それにしても、2〜3月に起きた障害について、総務省が動くのが6月。

動いてくれただけでもよかった

だろうけど、

多くのユーザーが当時から総務省に対して相談をしていたのはあったわけで、

もっと早く動かないものかね

とも思います。

 

わたしが期待するのは1つだけ、無償での解約、端末の返却も無償(着払い)をしてほしい、ということです。

 

 

その他、Twitterに寄せられた、どんなときもWi-Fi(グッド・ラック社)に対する多数の叫び。

 

 



おすすめ記事

1

前回から1年半ぶりの、ブログ運営報告。   ポイント 「ブログ運営報告」ネタは、ブログ管理者の自己満足であって、多く読まれない   とはよく言われる話です。 わたしも、本業のサラリ ...

2

わたしはブロガー(アフィリエイターでもありたいのだけど、稼ぎはほとんどないけど)、そしてビールが好き、居酒屋が好き。 なので、ブロガー、モバイラー、ノマドのための居酒屋があったらなあ、といつも思います ...

3

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-インターネット

© 2020 電磁波で死んでしまう前に Powered by AFFINGER5