電磁波でかこまれた世界で、少しでも言いたいことを残すブログ。

電磁波で死んでしまう前に

Apple ガジェット

Apple Watchに期待してなかったけど、ありがたかった機能

投稿日:2018年6月26日 更新日:

スマートウォッチ(わたしの場合、Apple Watch)に、わたしはスマートウォッチらしさ、スマートウォッチでなければできない機能を求めていません、実は。

 

Apple愛は止まらない:Apple Watchを買った話

公私いずれも特段の原因がないものの、体の不調が続いています。 こんなとき、なぜかわたしはAppleに対する愛情を強く感じることが多いです。   家に帰ればわたしもたくさん写真とってアップする ...

続きを見る

Apple Watchを買った記事(↑)でも、わたしが時計に求めるのは

  • 正確な時刻表示
  • バッテリーの心配がない(電池の交換で数週間も預けなければならない等はいやだ)

が達成できればいいと書いてました。

 

「でも、Apple Watch買ったくせに」のツッコミはそのとおり。

が、求めていなかったのに、その機能に「助かった」と、買った翌日に感じた話です。



 

1.大阪北部地震発生

 

Apple Watchを購入した翌日、大阪北部地震が発生しました。

会社の最寄りの駅に降り立ち、会社まで歩いて向かっている途上でした。

地震の発生を知ったのが、iPhoneの防災速報アプリでした。

あとで気づきましたが、Apple Watchに同アプリの通知が出ていたので、先にこちらで気づくべきでしたが、いずれにしても数秒程度の差。大差はありません。

Apple Watchに慣れていなかった腕は、微妙なバイブに気づきませんでした。

 

 

2.妻からのLINE

 

数分後、妻から

「大阪の●●さんたちは大丈夫かな?」

とのLINE。“●●さんたち”とは、わたしのきょうだいとその息子。大阪に住んでます。

すぐに彼たちにLINEを送りました。

 

電話ができない、あるいはできたとしても電話が集中するのは避ける、しかもわたしのきょうだいは医療者なので、被災して怪我した人とか老人とかのケアに忙しくなるはず。なので、電話は避け、LINEにしました。

 

 

3.きょうだいたちからの返信を待つ

 

その日、朝イチからとある説明会の説明者の仕事を予定していたわたしは、きょうだいや妻からの連絡などを待つ余裕はありませんでした。

トイレとか、説明会の準備の合間を縫ってLINEを送ったり、簡単に済ませられる電話をしたりがせいぜい。

とにかく、一番気になる、大阪に住む彼らからの返事は待つしかありませんでした。

 

しかし、Apple Watchであれば、仕事をしながらLINEの返信を待つことができる。

そして数十分後、きょうだいから「大丈夫!」との返信がApple Watchに届いたのは、まさに説明会をしている、おしゃべりしている最中でした。

もちろん、聴取者に、LINEの返信を確認した様子を悟られることもなく、です。

 

 

たかが、それくらいの話か

 

とお思いになるかたもいらっしゃるでしょう。

でも、震度6弱の地域に住んでいる肉親たちの安否が、すんなりと確認できて、

 

ああー、Apple Watch(スマートウォッチ)にしててよかった

 

と思ったのです。

もう、これだけでもスマートウォッチにする価値があります。



 

 

おすすめ記事

1

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

2

うちの嫁はんと子ども、朝起きるのが苦手です。     特に嫁はんのことを書いておきますと。 A.わたしの弁当を作って、わたしも朝ごはんを食べて出勤するという平日 6時20分起床 & ...

3

このブログ、開設以来10万ページビュー(PV)を達成しました。 のべ、10万人の方にご覧いただいたということ。 上図は、はてなブログのアクセス表示です。 たまたま開いたら、キリ番でした! ・・・は冗談 ...

-Apple, ガジェット

Copyright© 電磁波で死んでしまう前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.