雑談

えくぼもあばた

「あばたもえくぼ」

愛する者に対しては、欠点さえも長所に見えることのたとえ。

世の中、“えくぼもあばた”的なことが多くないですか。

 

つまり、もとの意味は「欠点さえも長所に見える」ことだけど、

長所さえも欠点に見えるくらい、嫌いな人

的なひとが。

具体的にあげていくとキリがないのだけど、最近では、「こんな人の生きざまを目指したい」と憧れていた人物でしたが、最近繰り広げるいろいろな行動が、逆に鼻についてうざい、イライラする、そんな毎日です。

決して、

「しょせん、あばたはあばた。さほどかわいくない」という普通のレベルに落ち着くわけではなく、

「美点、長所さえも嫌いになる」というふうに、好き嫌いが完全に逆転してしまう、ということになるのが多い、という経験。

「あばたもえくぼ」から「えくぼもあばた」に変わる瞬間に、なにが起きているんでしょうか。

 





おすすめ記事

1

前回から1年半ぶりの、ブログ運営報告。   ポイント 「ブログ運営報告」ネタは、ブログ管理者の自己満足であって、多く読まれない   とはよく言われる話です。 わたしも、本業のサラリ ...

2

わたしはブロガー(アフィリエイターでもありたいのだけど、稼ぎはほとんどないけど)、そしてビールが好き、居酒屋が好き。 なので、ブロガー、モバイラー、ノマドのための居酒屋があったらなあ、といつも思います ...

3

Genius Bar(以下、ジーニアスバー)って知ってますか? geniusとは天才、barはバー。直訳すれば、天才のバーです。   1.ジーニアスバーはどこにある? 最初に簡単にジーニアス ...

-雑談

© 2020 電磁波で死んでしまう前に Powered by AFFINGER5