カルピスとビール

とある居酒屋のお兄ちゃんが教えてくれたビアカクテルの話をします。

ビアカクテル=ビールベースのカクテルとご理解ください。

 



 

今回ご紹介したいビールカクテル。

それは、これです。白濁したものが沈殿しているのがおわかりでしょうか。

カルピスとビール

 

こちらが、ビールのみ注いだ様子ですので、違いがおわかりいただけると思います。

カルピスとビール

 

ご想像いただきましょう。

白濁したもの、いったい何をビールに入れたのでしょうか。

 

 

 

1.それは、カルピス

 

それは、これです。そう、カルピスです。

カルピスとビール

 

[st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="" fontweight="" bgcolor="#FFB74D" color="#fff" margin="0 0 20px 0"]カルピスなんです。[/st-minihukidashi]

しかも、希釈せず、原液。

居酒屋のお兄ちゃんが教えてくれたレシピ、そのままでやってみました。

 

 

苦いビールと、甘ったるい原液のカルピス。

合うわけないだろ!という方が多いと思います。

違うんです、違和感ないんです。

 

 

2.どんな味?

 

美味しいか美味しくないか。

どんな味がするのか。

味覚とか嗜好は人それぞれですから、飲んでいただくしかないんですけど。

 

わたしなりのご説明ですと。

ビールの苦さとカルピスの甘さが、それぞれ別に味わえる。

でも、だからといって2つの飲み物が別々ではなく、うまくからんできます。

 

[st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="80" fontweight="" bgcolor="#3F51B5" color="#fff" margin="0 0 0 -6px"]ココがポイント[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome="fa-hand-o-right" iconcolor="#3F51B5" bgcolor="#E8EAF6" color="#000000" iconsize="200"]

美味しいです。

[/st-cmemo]

 

 

3.注意点

 

カルピスビアカクテル。

つくるときは注意しといたほうがいいです。

 

  • カルピスは原液で
  • かき混ぜすぎない

 

これで、引き立つ甘さと、炭酸とカルピスの交わりが適度に美味しく味わえます。

 

カルピスとビールを注ぐ順番は、どちらでもOK。

カルピスの方がビールよりも重い(比重が高い)ので、カルピスが沈みます。どちらの順番でも。

 

 

 

 

おすすめの記事