約1000円で買えるBluetoothイヤホンを比較してみた:ダイソー、ドン・キホーテ

ほぼ1,000円で買える無線(Bluetooth)イヤホン、2つを比較してみました。

買ったのはダイソーとドン・キホーテです。

 

 

 

0.比較した、というよりは

それまで使っていたサウンドピーツのイヤホン。

満足していたんですけど、片方をなくしてしまいまして。

やむなく新たに買うことにしたのですが、あまりお金をかけられないというので、安いのを買おうとしたわけです。

 

たしかダイソー(百均)に1,000円の無線イヤホンがあったと聞いたことがあって、買いました。

が、それが自分には合わなかった。

なので、しょうがなく2つ目を買うことにしたわけです。

2つ目はドン・キホーテで買ったもので、そちらはまあまあ満足している、という経緯です。

 

結論、わたしにはドン・キホーテのイヤホンがよかったです。

 

 

1.ダイソー

ダイソーで買ったのはこれです。

TWS(TRUE WIRELESS STEREO EARPHONE)。

 

パッケージに書いてあるとおり、1,000円(税込 1,100円)です。

充電できるケースがついていて、Bluetooth設定(ペアリング)も簡単、音質もぜいたく言わなければ十分なレベル。

これで1,000円は安い!と思います。

いい買い物だったのです、が・・・。

 

ダイソー

 

わたしの耳には合いませんでした。

サイズが、です。

 

普通に耳に装着しただけでは、下に落ちてしまうと感じるほどにゆるゆるなんです。

こういう場合、イヤーピース(下図みたいなもの)の大きいサイズのものを付けて耳にフィットするようにすればいいのですが、そうすると充電ケースにはいらない、というかフタが閉まらない・・・。

そのままカバンに入れておくと散乱する感じです。

 

残念ながら、わたしの耳には合わないということで。


 

2.ドン・キホーテ

ダイソーには他にもイヤホンを売っていると思うのですが、近くのお店には上のものしかなかった。

そこで、安くていいものの次の候補は、ドン・キホーテ。

ドンキで買ったのは以下のものです。

ドン・キホーテ

 

左右のイヤホンがケーブルでつながっているけど、音源、つまりはスマホやタブレットなどの本体からは無線(Bluetooth)でつなげられるものです。

 

こちらは、耳のフィットには問題ありませんでした。

ペアリングも簡単、音質も価格を考えれば十分です。

このタイプだと充電のためにケーブルにつなぐ、という手間が必要になるので、その点はネックです。

とはいえ、1,000円程度で買えるものとしては十分です。

 

 

 

そんなわけで、ダイソーとドン・キホーテのイヤホンを比較したわけですが、わたしにとってはドン・キホーテです。

 

 

おすすめの記事