電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

2/25まで!ノートンが65%オフと爆安だぞ

明日(2月25日)まで!

ノートンセキュリティ3年3台版が65%オフの4,980円!

 

f:id:e-wave:20180224181311g:plain 

 

わたし、ウイルスバスターを入れてるのですが、こんなに安いんだったらノートンに乗り換えようかな。

 

ウイルスバスターを購入した理由は、わたしのMac、家族のWindows機両方に使えるっていうメリットがあったんで買ったけど、ノートンも、Mac、Win、スマホ(iOS、Android)まで対象になってる。だから、うちにぴったりぜよ。

 

 

購入をご検討の方は、こちらからどうぞ。

ノートンが65%オフの4,980円!

 

10万PV達成です、ありがとうございます。アクセスを稼げる記事のヒント1つ

このブログ、開設以来10万ページビュー(PV)を達成しました。

 

f:id:e-wave:20180218164703j:plain

 

のべ、10万人の方にご覧いただいたということ。

 

上図は、はてなブログのアクセス表示です。

たまたま開いたら、キリ番でした!

・・・は冗談で、数日前から「いつ達成する?」とずっと追いかけて、スクショしたのでした。

 

 

オレ、よくやったな。
いえいえ、読者のみなさま、このブログにお越しいただいたみなさま、ありがとうございます。

 

 

開設は2016年5月。

(それ以前の日付の記事は他ブログからのインポートです。)

22ヵ月での達成です。

記念すべき最初の記事は、こちら。

www.ewave.space

 

有名ブロガーだと1ヵ月で達成する数字でしょうから、22ヵ月で10万PVなんて大したことないんでしょうけど。弱小ブロガーにはうれしいキリ番なんですよ。

 

 

この22ヵ月で最もアクセスをいただいたのは、こちらの記事。4600PVほど。

www.ewave.space

 

「テレビでゲームしたい」という愚息のリクエストにいやいやながら応えるべく、近くの家電量販店に行った話をメモった程度だったのですが。

ブログというより、Nintendo Switchという商品力、ブランドがなせるわざなんでしょうね。

 

アクセスを稼げるブログ記事の方策のひとつとして、トレンドワードを記事にする、というのがあります。

が、「トレンド」ですから廃れたらPVも落ちる。

 

でも、ニンテンドースイッチの場合はぱねえ商品力。

いまだに品薄状態。すごいもんです。

 

 

ブログは何が命か。

PVか、お客様(読者)の満足感か、管理者(オレ)の自己満足か。

 

いずれにしても、目標設定は重要。

 

22ヵ月で10万PV。

さすれば、次の20万PVは、11ヵ月でやってみっか。

そのための方策は、いくつか用意してある。

ムフフ・・・。

 

 

歩いて調べた、トイレ(温水洗浄便座)のシェア

トイレが好きです。

普通のトイレではダメで、温水洗浄便座のトイレが好きです。

温水洗浄便座って何?」って?

一般的にはウォシュレットと呼ばれている、おしりを洗ってくれるトイレのことです。

INAXだとシャワートイレ、パナソニックだとアラウーノです。

 

公共のトイレで温水洗浄便座のトイレに出合うと感動します。

そのたびに、自分の生活圏にはどこに温水洗浄便座があるかをメモしてました。

その記録をもとに、温水洗浄便座のシェアをご紹介したいと思います。

(この記事はデータがたまった都度更新していきます。)

 

 

 

1.補足

 

個人のきまぐれで調べた結果ですので、データには「ムラ」があります。

 

  • 調査の開始は2009年
  • ただし、その後温水洗浄便座の普及が進み、調べるのは無意味だなあ、と思い始めたので2013年から2017年前半までは調査をしていない
  • 調査の対象地域は広島、東京、福岡などバラバラ
  • 未知の地域まで足を運んで調べるまではやっていない
  • 母数は100件ほど

 

こんな調子ですので、ご承知おきを。

 

 

2.調査結果 

 

2018/02/15時点の結果は以下のとおりです。

 

f:id:e-wave:20180215230040j:plain

 

 

ウォシュレットが67%、シャワートイレが24%ほどです。

 

表の見方

  • シャワートイレ:INAX(現LIXIL)のメーカーの製品全体
  • ウォシュレット:TOTOの製品・ブランド全体
  • アラウーノ:パナソニック(松下電工等、旧社名も含む)

 

 

以前、ご紹介したリフォーム産業新聞の調査したシェアとは、1位・2位の順位などは同じですが、シェアの割合が少々違いますね。地域や調査の頻度などが全然違いますから、そんなもんでしょうか。

www.ewave.space

 

 

「その他」にはSEATEAQというブランドがあります。聞き慣れないですね。

メーカーがわからなかったのでその他に入れました。

www.ewave.space

 

調べてて面白い場面に出くわすことがあります。

たとえば、便座はINAXだけど洗浄などのボタンがある操作パネルはTOTOだったりすることがあります。

まあ、わたしが出くわしたケースでは、操作パネルはもう死んでいて(機能しない)、便座のボタンで操作するようになってる。つまり、このケースで言うと、昔TOTOが設置されていたが、リニューアルとか老朽化の交換でINAXになった、その際操作パネルを取り外さず残したままになっていた、ということなんでしょう。

 

でも、操作パネルが機能してるってケースもあるんでしょうか。メーカーが異なるけど、操作できるのかとか。今後の調査で出くわしたらご報告します。

 

 

 

 

 

ダイエットアプリ「あすけん」が優秀すぎる!

ダイエットに貢献できるiPhoneアプリ「あすけん」(Androidにもあります)がすごいぞ。

こういうアプリ、これまでもいくつか使ったことあったし、今でも存在すると思います。

でも、あすけんがすごい。

 

昨年末、NHKの「おはよう日本」のまちかど情報室で紹介されました。

使ってみた感想をご紹介。推しです!

 

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

  • WIT CO., LTD.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

1.画像解析がすごい

 

百聞は一見にしかず。

見てください、以下の画像。解析結果です。

 

f:id:e-wave:20180212131703p:plain

画像解析

 

居酒屋でタコの刺身を撮影したのですが、見事「刺身の盛り合わせ(正確にはタコの刺身なのですが)」「わかめ」「薬味」とカロリーを解析しました。

その後も、自宅での夕食で複数の器(ご飯茶碗、汁椀、メインディッシュ、小皿など)を撮影しましたが、100%とは言えないまでも見事に解析してくれました。かみさんの強いリクエストでその画像をさらすことはしませんが、ビックリです。

 

ダイエットアプリって、食べたもの、飲んだものを登録するのが基本になるわけですが、その作業が圧倒的にラクになります。

 

 

むかーしむかし、そうですねえ、7〜8年前ほどだったでしょうか。

カメラで食事を撮影し、カロリーを解析するアプリを使ってました。そのデータを登録し、カロリー数をコントロールしてダイエットに役立てるということをやってました。

確かそのアプリは、東大とNTTが共同開発し、アップデートを続けてたのですが、解析能力はしょぼかった。

素うどん1杯でも、ラーメン大盛りでも430キロカロリーみたいな感じでした。

 

その経験があるもんだから、あすけんの解析はすごいです。

 

 

2.検索結果がすごい

 

画像解析がうまくいかなかった場合でも、当然ですが検索して登録できます。

 

f:id:e-wave:20180212131712p:plain

 

「野菜の炒め物」で検索したらめっちゃ出てきた。

しかも、コンビニや冷凍食品まで検索対象になってます。

 

凝った料理で、普通には存在しないであろうメニューでも、メニュー追加のリクエストを出すことができます。

 

 

3.アドバイスがすごい

 

f:id:e-wave:20180212131708p:plain

 

食事の栄養素の分析結果です。

上の画像は1日分全体の結果ですが、1日分の集計もできますし、1回分の食事の分析もできます。

 

多く摂った栄養素は翌日少なく、あるいは次の食事で少なくするとか。

少なかった栄養素は次回に多めに摂るとか、随時把握しコントロールすることができますよ。

 

f:id:e-wave:20180212153938j:plain


栄養士さんもメッセージを送ってくれます。

こういうの(栄養士のアドバイス)って、子どもだましみたいなものではあるんですが、あるのとないのと違うんでうよね。機械とはいえ、反応があるとうれしいのです。

 

 

4.ウェブでもできる

 

これらのサービスは、スマホアプリだけじゃなくウェブサイトでもできます。

 

www.asken.jp

 

会社情報も載ってますので、のぞいてみてください。

 

 

4.ただし、残念な点がある

 

素晴らしい機能を持つアプリ、サービスなのですが、残念な点があるのは否めません。

無料でできる範囲には限りがあって、有料になってしまうんです。

 

たとえば、画像解析は1週間のお試し期間で確認できるんだけど、その後も続けるには有料になります。1食ごとのアドバイスなども。

有料と無料の違いは以下のとおり。

 

f:id:e-wave:20180212131724p:plain

 

とはいえ有料でも月額300円。

ダイエット、健康への投資と考えれば安いものです。

 

 

ダイエットのキモは、体重や食事を記録し把握すること、運動することのバランスです。

ユーザーの平均で「3ヵ月で平均3kg減」とのこと。

 

ウェブサイトの情報も豊富です。

あすけん、オススメです。

 

 

 

me.comが復活した 神対応 Genius Bar 再び

タイトルどおりです。

me.comが復活しました、Genius Bar(ジーニアスバー)で。 

 

f:id:e-wave:20170809060018j:plain

Genius Bar

 

1.やっぱすげえわ、Genius Bar

 

me.comの復活についてはあとの方で書きますね。まずは、Genius Barについて書かせてください。

 

天神に行く用事があって、時間的に余裕があったので、そういえばGenius Barに問い合わせたいことがあったわ、予約してないけど行くか的な程度でApple Store天神に行きました。

予約がなかったので、まずは当日受付の列に並び、10分ほどしたら順番が回ってきて、「me.comのメールが受信できないんです」と相談したら「対応できるのが混み合っていますので、1時間ほど待っていただけますか。メッセージでお呼び出ししますので」という流れでした。

で、相談したことを解決できました。

 

 

当たり前だと思うんです。

自分たちの会社が作って販売しているMacやiPhone、iPad、AppleTV、macOS、iOSなどのサポートをしているというだけの話ですから。それをしっかりサポートするのは当たり前。

日本でも多くの製造業、企業がお客様窓口などを設置し、電話、メールなどで対応しています。

 

前回のGenius Bar感動記事

www.ewave.space

 

でも、丁寧に、しかも対面で(日本では全国に数か所しかありませんけど)対応できるのはすごいです。レベルも高いです。

ここに行けば、いっぺんでファンになります。Appleの。 

 

 

 

 

2.本題の「me.com」の復活の話 

 

さて、本題の me.com の復活について。

ここで言うme.comの復活とは、●●●@me.comというアドレスが使えなかったのが使えるようになった、というものです。

 

@me.comというメールアドレスは、MobileMeという、失敗し、今では「iCloud」に形を変えたサービスで扱われていたアドレスです。サービス全体は有料無料いろいろあったように記憶してます。

Appleファンにはまだ使っている人も多いんじゃないでしょうか。

 

たかがアドレス(ドメイン)です。Gmailでも全然ありです。でも、メリットもあります。

@me.comのアドレスだと、「GmailやYahooメールのような無料アドレスでは登録できません」というような場合でもOKになります。当時は確か有料だったから、未成年はNGとかキャリアメールのアドレス(携帯電話の契約をしている、ということを保証している)でしか登録できないものをクリアできるんですよね。

 

わたしは、このアドレスを使わなくなって随分経ってたけど、いくつかのサービスや商品登録に使っていたはずだ、と思い出し、自分なりに調べトライしたんだけど、結局復活させられなかった、ということでした。

 

前置きが長くなりました。

me.comが復活した手順を、覚えている範囲でご紹介します。

 

(1)メール.app

 

メール(macOSの標準のメールアプリ)で

ウインドウ→接続診断

を選びます。

以下のようなウインドウが起動します。

f:id:e-wave:20180211111708j:plain

下の2つが、メールアドレスが使えていない(送受信できていない)状態を示しています。それが確認できます。

 

続いて、メールでメール→アカウントを開きます。ここで使えていないアドレスの部分をクリックし、ユーザー名や設定を確認します。

 

(2)Safari

 

Safari(Safariじゃなくても、他のブラウザでもOK)で以下のサイトを開きます。

メールサーバ設定の確認 - Apple サポート

 

メールアドレスを入力する欄が出てきますので、復活させたいメールアドレスを入力します。

すると、受信メールサーバ・送信メールサーバのデータが表示されます。

この内容と、メールのアカウント画面を比較して、そろえていきます。

 

(3)Apple ID

 

以下のApple IDの入力画面にアドレス、パスワードを入力しサインインします。

 

https://appleid.apple.com/#!&page=signin

 

このあと、2ファクタ認証とかApp用パスワードを発行し、メールアプリに入力するなどします。

(このあたりの詳細は詳しく覚えてません。ごめんなさい)

 

2ファクタ認証のために、携帯電話番号などを使い、そこに6ケタの番号が送信されるのをMacに入力するなどします。

 

処理が終わったら、me.comのアドレス宛にどんどんメールが届き始めました。

ヤッター!

です。

 

 

念のため。

わたし、Genius Barに、MacとiPhoneを持参してます。そのほうが解決や処理が早いと想像してたからです。

が、Android携帯でもWindowsPCでもいいのかもしれません。(そういう人がme.comを使いたいと思うのかわかりませんし、MacやiPhone以外でme.comが使えるのかどうかもよくわかりませんが)

 

そのあたりはご自身の環境に合わせてください。

 

 

3.最後に「店は客を選ぶ」

 

店は客を選ぶ、と言います。

飲食やその他のサービス業ではあってはならないことだとは思います。

 

一方、Genius Barですが、客を選ぶようなことはしません。

素人でもきっと丁寧に説明しているし、わたしのようなApple製品のヘビーユーザーでもGenius(天才)のスキルとおもてなしで対応してくれます。

 

ただ、わたしが今回MacやiPhoneを用意していったように、自分なりにできることを準備していくのが客のマナーと思います。

 

あと、わたしのあとにGenius Barを待っている多くの人が列をなしてました。なので、今回のアドレスが復活した手順を細かくメモしたり写真とったりして記録に残したかったのですが、できる範囲にとどめました。あとのお客さんたちのことを考えて。