電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

格安SIMユーザーは「Jアラート」を受信できるために何をすればいいのか

総務省が、格安SIMユーザーもJアラートを受信できるように、と呼びかけています。

 

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h29/05/290511_houdou_1.pdf

(PDFファイルが表示されます。抜粋した文章を下に書いてますのでクリック不要です)

 

この話を最初に聞いたのは、NHKの朝のニュース番組でしたが、そこでは単に「Jアラートを受信できるように」としか説明しておらず、格安SIM(SIMフリー、MVNO)ユーザーはどうすればいいんだよ、という疑問がわきました。

同じように感じた方も多かったのではないか、と思われます。

 

で、ネットで検索したり、総務省のサイトを漁ったりしていたら、上記のPDFファイルに行き着いた次第です。

結論、アプリ「Yahoo!防災速報」をダウンロードせよ、という話です。

(ダウンロードするリンクは記事の最後の方に載せてます)

 

 

 

1.PDFを引用します

 

上記のPDFの一部を引用します。

 

受信できない(又は受信できるか分からない)場合の対策
(1) 民間事業者のスマートフォンアプリ・メールの例
「Yahoo!防災速報」があり、スマートフォンアプリや携帯電話のメール
により、弾道ミサイル情報等をヤフー株式会社が無料で提供しています。
以下のURLからスマートフォンアプリのインストールや、携帯電話のメ
ールアドレスを登録することができます。
「Yahoo!防災速報」
https://emg.yahoo.co.jp/
(2) 地方公共団体の登録制メール
一部の都道府県及び市町村では、事前に登録したスマートフォンと携帯電
話のメールアドレスに弾道ミサイル情報等をメールで送信する登録制メー
ルを実施しています。
お住まいの都道府県及び市町村のホームページ等で御確認ください。

 

 

 

2.NHKの放送のわかりにくさ

 

NHKでは、民間企業の宣伝になるようなことを放送できないからなのか、ニュースでヤフーのこのアプリのことを明確に伝えませんでした。

NHKは受信料から成り立っている会社、メディアですから、その考え方はわかりますが、今やそんなことは言ってられないでしょう。国民の安全のため、なのですからね。

 

現に「おはよう日本」という番組では、「まちかど情報室」というコーナーで、こんな便利なものがあるんですよ、と紹介してます。企業名も出してます。

まちかど情報室|NHKニュース おはよう日本

 

NHKのこのあたりのわかりづらさ、どうにかしてほしいもんです。

 

 

 

3.行政のシステム関係への未熟さ

 

そもそも論として、大手キャリアにしかエリアメール・緊急速報メールといった、Jアラートの機能を持たせていない、というお粗末さがあります。

 

今さら言いたくはないですが、行政、政府はIT関係に弱すぎる。

住基システム、マイナンバー制度・・・。

健康保険証のシステム化はまだ続いているんでしょうか。マイナンバー制度に統合するんでしたっけ。(詳しい方、教えてください。)

 

住基システム(住民基本台帳のシステム)は破綻し、マイナンバー制度は使いづらいったらありゃしない。民間企業が使うには随分と制約が大きい。結局、マイナンバー制度で得られるのは、行政職員の業務の効率化しかない。それを民間に押し付けている。

 

「システム化すると情報の漏洩などセキュリティが甘くなるので紙ベースにしている」という事情があったり、「システム化すると、職員の仕事がなくなるので雇用の場としての存在意義がなくなってしまう」といった事情が存在するのを聞いたことがあります。

そういった考え方の時代遅れ感は絶望的だし、いざシステム化しようとすると、莫大な税金を使う割には穴が多かったりして、どっちつかずのアイウォンチュー。

 

 

まあ、機械化で将来はなくなる仕事の上位に来ている公務員ですから、ここで愚痴を言う必要はないのかもしれませんが。

diamond.jp

 

 

 

 

4.アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。

 

 

iOS(iPhone、iPad)

 

 

Android

Yahoo!防災速報 ?地震,豪雨,津波を通知?

Yahoo!防災速報 ?地震,豪雨,津波を通知?

 

 

VAIO Phone Aが「安かろう 素晴らしかろう」であることを語ります

LINEモバイルを契約したっていう記事で軽く触れていたVAIO Phone A。

おまたせいたしました、このスマートフォンが好きだ、ということを書きます。

 

VAIO Phone A

 

 

 

 

 

1.アルミニウムと強化ガラスのボディ

 

特に目をひくのが、裏面のアルミニウム。

アルミニウムの削り出しで製造されているそうです。

VAIO Phone A ボディ

 

上部と下部の部品の取り付けが若干隙間があるのでアレなんですが、それでも全体としては高級感がありますね。ソニーのサイトには高剛性ともうたってます。

持っていて誇らしくなるデザインですな。

 

ただ、このアルミニウムのボディは、手に脂のなくなったアラフィフのおっさんにはスルスルしていて危なっかしい。ちゃんと持っていないと、手から滑り落ちそうです。シリコンみたいな素材のカバーをしないといかんかな。

 

 

 

2.デュアルSIM

 

デュアルSIM対応です。

2つのSIM(microSIMカードを1枚、nanoSIMカードを1枚)を差し込むことができます。いわゆるDSDS(デュアルシステムデュアルスタンバイ)です。

 

SIM2枚ではなく、microSIMカードとmicroSDメモリーカードを差す、ということも可能。

わたしは、LINEモバイルのnanoSIMをアダプターに入れたmicroSIMと、microSDメモリーカードを入れてます。

f:id:e-wave:20170513074653j:plain

 

上の画像で、左下にあるのがnanoSIMで普通に装着しているところですが、左上にあるアダプターを使ってスロットの右側に装着します。microSDカードは左側に装着します。(したがって、nanoSIMとmicroSDカードを同時に使用することはできません。)

 

なぜこの2枚を使っているかというと、

 

  • LINEモバイルのSIMを他のスマートフォンで使う可能性があるので、nanoSIMにした
  • microSDカードでストレージを増やしたい(VAIO Phone Aの内部ストレージは16GB)

 

以下のように、なにもしないと若干容量が不足しそうなので。

f:id:e-wave:20170513155456j:plain

 

 

 

というわけで、nanoSIMとmicroSDカードは同時併用できないので、nanoSIMをアダプターに入れてます。

 

 

 

3.シンプル 

 

Androidというと、わたしのこれまでの経験だと、キャリアのアプリだとかコストを抑えるために一定期間入れておかなきゃいけない(ずっと入れていてもいいんだけど)アプリがわんさかはいっているというのが、使いづらさを感じる要因でもありました。

 

しかし、VAIO Phone Aは、このシンプルさ。必要最小限って感じです。

f:id:e-wave:20170513155729j:plain

 

アプリもそうですが、アイコンのデザインもシンプルでいいですよね。

この要素も気に入ってます。

 

 

 

4.安曇野FINISH

 

最後はこれ、安曇野FINISH(フィニッシュ)です。

安曇野FINISH

 

海外で製造しているけれども、日本での最終品質チェックで仕上げましたっというブランド(?)ですね。

 

これは、シャープの「世界の亀山」やアップルの「Designed in California」と同じような意味合いでしょうか。

品質としてのブランドをうたうキャッチフレーズとでも言えばいいんでしょう。

 

 

 

5.端末は非力

 

残念ながら、端末そのもののスペックとしては非力と言わざるを得ません。

 

VAIO Phone AとiPhoneSEとで同じアプリ、たとえばIngressとかポケモンGOをプレイしていると、どうしても動作がVAIOの方が遅く、また現在地の正確さも劣っている点を感じることが少なくありません。

 

これが、許容範囲なのか、許せないレベルなのかは人によるでしょう。

価格と性能のバランスですね。

わたしは許容範囲です。

 

 

 

 

 

昔は「世界のソニー」だったのでしょうが、今となってはしょうがないのでしょう。

それでも、低コストながらしっかり作られている、という印象を受けたVAIO Phone Aです。

わたしとしては、Androidで初めて「うん、これは使い続けてもいい」と思えるガジェットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

よろしければポチをお願いします。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ
にほんブログ村

Apple教信者のわたしが「なぜ東大では1000台超のMacBook Proが売れるのか」にどう反応したか

わたしはMacユーザーであり、Macのファンです。

Macファンということは、Appleファンでもあります、というのは一昔前の話でしょうか。

f:id:e-wave:20170511190745j:plain

 

 

 

 

↓ このMacBook Proの記事がアクセスを集め、あちこちに転載もされてるみたいですね。

さて、わたしはこの記事にどう反応したのかって話にお付き合いください。

ascii.jp

 

 

1.わたしの偏差値は低い

 

まず最初に、わたしの高校・大学時代の偏差値がどうだったかというと、東京大学に入学するためには20くらいは足りない感じだったかな。

東大なんて、雲の上です。

 

雲の上の存在である東大生が、俺と同じMacBook Proを買うなんてうれしいぜ、ってもんです、率直な話。

 

社会人になりたてのころ、東大と同レベルの私大文系卒業の同期の女子が、「電磁波さん、クルマ、何に乗ってるんですか。私、●●●に乗ってみたいんですよね〜」って話ししてきて、「俺、まさに●●●に乗ってるよ!」って会話して、えらく盛り上がった過去を思い出しました。

そんな感じですね。

 

 

 

2.結局、Macに行き着く

 

そんな、ゲスな理由もあるのだけれども、もっと本質的な理由があるのだよ。

 

Macは、Windowsも使うことが出来ます。方法はいくつかあります。

 

  • 無料で、しかもAppleが用意している方法:BootCamp(エクササイズではありません)
  • 仮想システム(VirtualBox)を使う
  • 仮想システム(Parallels)を使う

 

このいずれも使ったことがあります。さらに加えて、会社でWindowsパソコン、そしてプライベートでもWindowsパソコンを使ったことがある経験もありま。

こういった経験上、これらのどの方法を使っても、同程度のコストで考えたら、

 

WindowsパソコンよりもMacでWindowsを使うほうが圧倒的に快適に使える

 

っていう、わたしの経験上の事実です。

 

 

 

3.MacユーザーはMacから離れない

 

もう20年以上Macを使っているので、Mac以外は考えられない、というのが実際です。

でも、前項にも書いたとおり、実用的にもMacが上。

 

それと、わたしが使っているのが、まさに上記の記事で紹介されている「Touch Barなしの13インチMacBook Pro」。

記事を引用しますと、

 

ワタクシは「Macのノートどれ買えばいい?」と聞かれたたら、「Touch Barなしの13インチMacBook Pro」と即答します。プロセッサーのクロック周波数が2.0GHzと、Touch Barありモデルの2.9GHzと比べると非力に感じるかもしれません。しかしTurbo Boostが効いているときは、Touch Barなしモデルが最大3.1GHzで、ありモデルが3.3GHz。実際のベンチマークテストでもそれほどの差は出ないんです。Touch Barは正直あまり使い道がないので、この部分に物理的なファンクションキーが備わっているTouch Barなしモデルのほうが実用性が高いというのがお勧めする理由です。

 

わたしが「Touch Barなしの13インチMacBook Pro」を買った理由、それがそのまんまこの記事なのです。

 

わたしもこのMacをおすすめします。

 

 

 

五月病にかかってない?アラフィフおっさんが生きるコツを教えるよ

連休が終わり、五月病にかかってるひと、いませんか。

生きていくって難しいよね。

 

f:id:e-wave:20170301213638j:plain

 

50年も人生生きてると、いろいろ感じることあるんだ。

たとえば、人とすれ違う方法って人生そのものだと。

 

横断歩道で信号が青になるのを待って歩き出す。

前方からこちら側に向かってくる人や自転車とぶつからずすれ違う。

ときどき失敗してぶつかったり、肩が触れ合ったり、自転車は通り抜けられなくて止まったりする。

あれって、うまくすれ違うわたしなりのコツがあるんですけど、それって人生そのものじゃね?と思うんだよね。

 

 


1.パターン別で説明


そのコツをパターン別でご説明します。

こちらは歩行者、すれ違うのも歩行者を想定してはいますが、相手が自転車でも同じです。

以下の図で、矢印が太いのはそれだけ意思が強いこと、細かったり点線だったりするのは意思が普通とか弱いといった意味です。

 

(1)強い意思でまっすぐこちらに向かってくる人

 

f:id:e-wave:20170510044256j:plain

 

下が自分です(以下、同じ)。

こういう場合、相手は融通がききませんので、こちらがよけましょう。

右か左にさっと移ってよけましょう。

こういう人物に限って「ぶつかってんじゃねえよ!」と怒ったりします。

 

 

【追記】2017/07/29

やっぱり「こういう人物」がいました。

わたしも遭遇したことあります。

www.mbs.jp

 

 


(2)まっすぐ来ようとしているのか、よけようとしているのかわからない人

 

f:id:e-wave:20170510044351j:plain

 


こういう場合、こちらが先に右か左によけ、相手にその反対側に向かって歩くように合図を送りましょう。

合図といっても言葉やジェスチャーは不要です。どちらかに動いてあげれば、相手はわかってくれるはずです。

わかってくれなさそうだったら、右か左によけた後、立ち止まりましょう。そうすればほぼ間違いなく自分が意図した方向に動くはずです。

 

 

(3)特に自転車で、ふらふらしながら進み、危なっかしい人

 

f:id:e-wave:20170510044421j:plain

 

自分が左右のどちらかによけ、立ち止まりましょう。

相手が自転車に乗ったまま進めるようであればそのまま進むでしょうし、それができそうになければ自転車からおりるはずです。

 

 


すべてが、以上の3パターンでだいたい分類できるはずです。

それと、以上のパターンいずれも、こちらに向かってくる人や自転車を事前にしっかり見て、どんな様子かを観察することが必要ということになります。

 

 

 

2.人生そのもの

 

前から自分のほうに向かってくる人や自転車。

これからやってくるであろう困難とか苦労とか、社会人生活と考えると、人生そのものではないでしょうか。

 

遭遇した困難なトラブルをしっかり見て、分析して、それにどう対応するか自分のスタンスを定めて向かう。

 

1-(2)のケースは、新たに社会人生活をスタートさせた新入社員にあてはめられそうです。

仕事をするには、職場で遭遇する試練にどう立ち向かうか。

相手をしっかり見据えて(仕事の内容をしっかり学び吸収して)、少しよけて(自分なりの勉強、努力をして)通り過ぎる(仕事で成長する)。

 

1-(1)のケースは、初めて社会人になった新入社員が「この仕事は自分に合わない」とかいう程度の理由ですぐに会社をやめることを想定はしていません。

強い意思で向かってくるトラブルは、たとえば直近でしたら電●のようなブラック職場、上司にどう立ち向かうか、です。

そのまま正面衝突して、そこでケンカするのも手ですが、左右どちらかに凜としてよけて(苦しすぎる状態を客観的にとらえ)、トラブルが通り過ぎるのを待つ(会社のコンプライアンス窓口に相談する、労基署に駆け込む、あるいは会社を辞める)。


1-(3)のケースは、自分がこれからの人生をどう進んでいくのか、目標、ターゲットがまだ十分定まっていないとき。そんなときは、いったん立ち止まり、自分というものを見つめなおし、意志をしっかり強く持ち、進んでいく。そんなイメージです。

 

これらのたとえは、人によってはしっくりこないということもありえましょう。

でも、言いたかったのは、横断歩道の通り抜けも、人生の縮図としてとらえる想像力ではないか、ということです。

 

 

以前も、想像力ということについては触れています。

以下の記事もそうです。 

www.ewave.space

 

 

想像力を働かす、それをどこに向けるか、それが違うだけ。

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

 

 

 

今年閉園のスペースワールドへの提案:有終の美を飾ってほしいから(ネタバレあり)

連休明け、みなさんいかがお過ごしですか。

わたしはほぼカレンダーどおりの休みだったものの出勤日もはさんだりしたので、五月病にかかりそうな気配もなく月曜日を迎えることができました。

 

スペースワールド

 

 

 

先日ご紹介したバーベキュー以外イベントらしいイベントが無い予定だったのですが、子どもの部活が休みになったので、急きょ

 

  • どっかに行こう!
  • どこ行こうか?
  • 今年閉園だから、スペースワールド行こうか? そうしよう!

 

って感じで、家族でスペースワールド(以下、スペワ)に遊びに行きました。

 

今年で閉園するスペワですが、ユニークなテレビコマーシャルが話題を集めたことも奏功したのか、「お客さん、多いな」と感じました。

 

 

 

 

 

 

0.楽しかったよ

 

今回で2回目でしたが、前回より楽しく過ごしました。

 

ツボ押しコースターは、アイデア勝ちだなあ、というものです。ゴムの突起がついたジャケットを着て、ジェットコースターに乗って、スリルと“快感”を味わうという・・・。

 

イベント&ニュース ★☆★春の注目アトラクション★☆★

 

ジェットコースターで事故が起きたり、魚を氷漬けにしたスケートリンクが批判を集めて中止になるなどありました。

入園者減少、賃貸借交渉の不調など、いろんな事情で決まったのであろう閉園でしょう。部外者には知るすべもありませんが。

 

スペースワールド17年末閉園 「経営難が理由でない」 :日本経済新聞

 

もっと続いたらいいのになあ、と思いましたが、今さら決断をくつがえすのは難しいでしょう。

 

それでも、閉園までの約8ヵ月間。

「有終の美を飾ってほしい」と思うから、「またスペワ復活したらいいのに!」と多くの人が思ってほしいから、愛をこめて今回感じたことをスペワに送ろうと思います。

 

 

 

 

1.トイレに手を抜かない

 

コスト削減なのでしょう。

各所に「お金削ってるなあ」と感じました。

トイレの温水洗浄便座、一般的にはウォシュレットと言った方がわかりやすいでしょう。

 

TOTO ウォシュレット

 

トイレがサブテーマでもあるこのブログ、私管理人はトイレにこだわりがあるんです。

でも、こだわりがなくても、一般のひとたちにとっても必要なことだと思うんです、トイレ。

 

残念だったのは、便座は温水洗浄便座なのに、洗浄機能がなくなっていた、あるいは故障していたトイレがあったことです。

わたしの経験では、故障の場合は、コンセントを抜いて差しなおせば動作することがあります。

なのでやってみました。が、ダメでした。

ということは、意図的に洗浄機能を外した設定にしているのであろう、と思われました。

 

別のトイレでは、いかにもここに、洗浄や乾燥などの操作をするパネルが設置されていたんだろうなあ、という場所に、パネルが外された跡があったことです。

そのパネルを外すことで、電気の消費を少なくすることができるんだろうと思います。あるいはメンテナンスのための負荷(手間、費用)を削減する効果があるのだろうと想像します。

 

しかしながら、洗浄を求めている人は少なくないと思います。

トイレが貧弱なだけで、その場所に悪い印象を残す人もいると思います。

 

削られるコストはわずかだと思います。

ささいなコストでしょうが、お客様の満足はしっかり得られると思います。

 

ぜひ、温水洗浄便座の動作をするよう、設定し直していただきたいです。

 

 

 

2.SDカードの工夫

 

アドベンチャークルーズという、水がパシャっとかかってしまうジェットコースターみたいなアトラクションがあります。

 

ツインマーキュリー アドベンチャークルーズ | 福岡県北九州市のテーマパーク『スペースワールド』

 

これ、乗り物がゴールするあたりでスタッフが写真を撮影し、その写真をプリントしたり、キーホルダーにしてくれたりするのがあります。夢の国にもありますよね。

写真を撮影→その画像をディスプレイに表示する というのを素早く行うために、スタッフがカメラマンからSDカードを回収し、新たなSDカードを渡す、というのを、2組毎ほどひんぱんにやっています。

 

下の写真、黄色で示したところにディスプレイがあるのがわかります。

f:id:e-wave:20170508134654j:plain

このディスプレイに撮影した写真を表示させるために、カメラマンからスタッフがひんぱんにSDカード回収し、替えのSDカードを持っていくのです。

 

アドベンチャークルーズ以外にも、いくつかのアトラクションで同じような販売をしてました。

 

 

スタッフが懸命に行ったり来たりする場面、夢の国では見ません。

なので余計に、あー、スペースワールド、頑張ってるなあ、と涙なしでは見られないのですが。

 

これ、SDカードをFlashAirみたいなものにして、無線でパソコンに飛ばせば、スタッフの行き来が不要になると思うんです。

 

TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir SDHCカード 8GB Class10 日本製 (国内正規品) SD-WE008G
 

 

撮影したらすぐに写真をクラウドやパソコンに保存する設定にしておけば、SDカードを持って行ったり来たりするスタッフの仕事が軽減され、他の仕事に労力を振り分けることができると思うんですよね。

 

スタッフの業務負荷とFlashAirのコスト、てんびんにかけたら後者のほうがずっと安いし、しかもスマートだと思うんですよね。

どうですか、カイゼン。

 

 


3.ネタ、マテリアルを更新

 

ネタばらしになってしまうかもしれないですけど、このブログ記事を読んでも読まなくても、お客さんがスペワに行く行かないに影響はしないと思うので、ネタばらしします。

 

(1)宇宙博物館

 

宇宙博物館という施設があります。

月着陸など、人類の宇宙開発の歴史を、実際の資料をもとに学ぶことができます。

 

ここには、入口のあたりにガチャガチャがあり、そこにはいっている用紙を使って謎解きする、というお楽しみがあります。

これがなかなかの出来で、大人も頭を使いながら、建物自体にも仕込みがしてあったりして楽しめるんです。

 

が、この謎解きのネタ、前回(2016年)に行ったときと変わってなかったんです。

ガチャガチャも、わたしたちが200円でゲットしたあとは空っぽ。

買う前も、こんな感じでした。

f:id:e-wave:20170508140258j:plain

 

 

(2)4Dヴィジョン ポップステラ

 

3D+アルファの4Dで映像を観せてくれるアトラクションが「ポップステラ」です。

今回の映像のネタはこちらでした。

 

f:id:e-wave:20170508140509j:plain

 

「おー、ナレーションは斎藤工なんだな、やるやん!」と思ってました。

わたしははいらず子どもたちだけが観てきたのですが、「去年と同じやった」って。

そう、映像が去年のものと同じだったらしいのです。

これでは、がっかりです。

 

もしかしたら、いくつかの作品を順番に使い回ししていて、たまたま前回と同じものになってしまった、ということも考えられなくもないです。

 

偶然だったにしても悲しすぎます。

 

 

 

宇宙博物館にしても、ポップステラにしても、こういうマテリアルっていうのでしょうか、こういうのは手を抜かずに変えていかなきゃ、でしょ。コストがかかっても。

そうじゃなきゃ、リピーターを失います。

厳しい言葉になりますが、もうリピーターを作っても一緒かもしれません。

こんな状態だったからこその閉園なのかもしれません。

 

変えましょうよ。

 

 

 

繰り返しますけど、愛を感じたからこその苦言です。

なくなってしまうのが惜しくなるくらい、ラストスパートを頑張って欲しい。