電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

WordPress:表示速度を急上昇させるプラグイン「WP Fastest Cache」

ブログを高速表示させることは大事、命と言っても過言ではないですよね。

Googleが表示速度の速いサイトを評価することも表明しています。

ページ表示速度はSEOにどの程度関係しますか? | SEO対策Q&A [SEO HACKS]

 

わたしが管理しているWordPressブログで、とあるプラグインを入れたら表示速度が急上昇しましたので、ご紹介します。

 

 

 

 

ア.注意事項

 

まず最初に、キャッシュ系のプラグインは他のプラグインとの相性が悪い場合が多く、正しく動作しない、あるいは表示そのものがされなくなる、といったことがあるらしいので、取扱には十分注意してください。

 

わたしの環境を最初に書いておきます。

 

 

WordPress 4.9.2

 

導入済みのプラグイン

Admin Columns

Advanced Export

Akismet Anti-Spam

Broken Link Checker

EWWW Image Optimizer

Favicon Rotator

Google XML Sitemaps

HatenaBlogcards

Movable Type・TypePad インポートツール

Open Graph Pro

Pz-LinkCard

Search Regex

Speech bubble

Table of Contents Plus

TinyMCE Advanced

WebSub/PubSubHubbub

WordPress Popular Posts

WP Multibyte Patch

WP-PostViews

 

プラグインが多すぎるのは良くないと言われていて、しかも今では使っていない、必要のないものも多く残っているので、減らしていかなければと思っているところです。

 

 

 

イ.プラグイン「WP Fastest Cache」

 

今回紹介するプラグインは「WP Fastest Cache」です。

 

ja.wordpress.org

 

WordPressのプラグインの追加画面(下図参照)で、右上の欄に「WP Fastest Cache」と入力して検索、表示されたらインストール→有効化と進みましょう。一般的な手順です。

WordPress プラグイン



 

ウ.設定

 

設定が重要。カンタンに終わればオッケー。

わたしの場合、若干回り道しました。

 

(1)回り道の前

 

WP Fastest Cacheを有効化すると、WordPressのダッシュボード画面の左下にチータのアイコンが出てきますので、それをクリックします。

すると、下図の画面が出てきます。

WP Fastest Cache 設定画面

WP Fastest Cache 設定

 

デフォルトでは英語で表記されているので、日本語に変えましょう(緑のだ円のとこ)。Submit(日本語に変わったあとは「変更を保存」)をクリック。

それと、チェックマークを入れます。上図はわたしの例です。

 

詳しく説明されてるサイトがありますので、ご紹介しておきます。こちらを読まれた方がいいよ。

web.waytoearnmoney.org

 

 

(2)エラーが出る場合

 

上記の設定がうまくいけばそれで完了。

ただし、わたしの場合、エラーが出ました。

 

define('wp_cache' true) is not set in wp-config.php

 

この英文が赤字で表示され、適用されません。日本語にもならないし、チェックマークを入れたのが有効にならない。

 

どうやら、

「wp-config.php」に「wp_cache」を有効にする定義をせよ

という意味らしい。

となると、wp-config.phpに加筆をしなければならなくなります。

 

ここから先は、環境によってやり方がいろいろありますので、具体的な説明はできませんが、わたしがとった手順を参考にしてください。

 

  1. FTPアプリ(わたしの場合、FileZilla)でサーバーにアクセス
  2. wp-config.phpをダウンロード
  3. エディター(わたしの場合、Atom)に「define('wp_cache' true)」を加筆し保存
  4. 書き換えたwp-config.phpを、元あったところにアップロード

 

3を書く際は要注意。最後の方に下記の文字列が出てくるはずです。この文字列より前の行に加筆してください。

 

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined(‘ABSPATH’) )
define(‘ABSPATH’, dirname(__FILE__) . ‘/’);

 

レンタルサーバーの会社やサービスでは、ダウンロードする必要はなくwp-config.phpに直接書き込みができるかもしれません。

 

 

エ.結果

 

わたしのブログのスコアは以下のとおりです。

(Googleのページスピードインサイトでの測定結果)

 

  パソコン  モバイル 
WP Fastest Cache導入前 67 53
WP Fastest Cache導入後 69 84

 

パソコンの方はさほどでもないですが、モバイルが急上昇しました。

なぜモバイルの方だけが上昇したんだろう?

なぞです。

たまたま? 間違い? でも、測定結果に表示されたのは間違いありません。

 

https://gtmetrix.com/

でも、速度の改善がはかられた結果が表示されました。

 

このプラグインの記事を調べたときも、概ねみなさん改善してるみたい。

 

とにかく、自分が入れてる他のプラグインとの干渉とかに注意してお試しください。