電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

うれしいニュース:パソコンで扱える漢字が増えました

※この記事には機種依存文字が含まれており、わたしの意図しない表示がされている場合があります。

 

あけましておめでとうございます。

昨年暮れ、うれしいニュースが報じられました。

 

www.ipa.go.jp

 

 

www.itmedia.co.jp

 

長崎の「崎」には「﨑」(右側のつくりの上側が「立」)という字があったり、富士吉田市の「吉」には、上側が「士」の部分が「土」の吉もあります。

 

Sanseido Word-Wise Web [三省堂辞書サイト] » 人名用漢字の新字旧字:「𠮷」と「吉」

 

これらの字は、単純には入力できませんね。

コード表から入力するとか、コピーして貼り付けるとかすれば可能である場合もありますが、入力できても表示できない場合もあります。

 

これらだけではないですが、入力・表示できない漢字を使っている地名とか人名を持つ人たちは、カンタンに表示できないという事態が残念だろうなあ、と思ってました。

 

 

 

わたしは卒論でTRONを取り上げました。

TRONプロジェクト - Wikipedia

 

坂村健氏提唱のTRONプロジェクトでは、「超漢字」というOSを作っており、これがほぼすべての漢字(18万字)を扱えると言われていました。超漢字も発売されていますが、そもそも基本の機能としてなぜより多くの漢字を扱えないのか、と思い続けてましたので、今回、基本の機能として6万字が扱えるようになったというのはうれしいニュースです。

 

ただ、リンク先のニュースが詳しくないので詳細はわからないのですが、特定のフォント(「IPAmj明朝フォント」)でしか表示できないなど、当分はある程度の制約があるのかな。

 

いずれにしても、明るい将来が見えたニュースです。

 

 

 

 

【追記】

渡辺の「辺」、たくさんの種類があるんだなあ(リンク先)。

 

【さらに追記】

単純じゃない、ややこしい背景理解のための記事を貼っておきます。

qiita.com

 

パーソナルメディア 超漢字V SP1 簡易包装版

パーソナルメディア 超漢字V SP1 簡易包装版