電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

すべては内省のため:ブログ運営報告2017年8月 記事の更新頻度と記事の質に相関関係は?

9月も3日になりました。

8月のブログ運営報告です。

 

 

タイプライター



 

 

 

 

 

1.記事数

 

記事数は11。

6月から20,7月:13,8月:11と減らし続けています。

 

よくないですねえ。

あとにも紹介しますが、PVも減り続け。

 

記事を量産、あるいは量産とまではいかずともある程度の頻度、たとえば1日に1記事を出し続けるべき、という説と、1つの記事の質を高めるために量産にはこだわらなくていい、という説があります。

これらの両方とも正しい説だと思いますが、わたしにとっては、

 

1日1記事程度のペースで記事を出す、という意識、頭でいないと記事を書くエネルギー、モチベーションが保てない

 

ということを実感しております。

つまりは、記事を出すペースが落ちる=記事の質も落ちる、という状態に落ち込んでおります。

 

9月で反転攻勢したいと思います。

 

 

 

2.PVやユーザー

 

8月のPV 4,300。7月は4,000弱でしたので、微増です。

ユーザー 3,220。7月は2,900弱でしたので、これまた微増です。

 

記事数が少なかった割にPV、ユーザー数とも微増という結果でした。

何か理由があるのかな。

 

 

 

 

 

 

3.アクセス上位の記事

 

アクセス数の多かった記事ランキングです。

記事数が少なかった割にPVが微増した原因がここにあるかも。

 

 

1位

www.ewave.space

 

約760PVでした。とあるはてなブログの記事が引き起こしたと思われる牛乳石鹸のCMの炎上に関してわたしなりの乾燥を書いたネタです。

聞くところによると、このきっかけを作った記事のブロガーは炎上狙いらしいです。CMも6月頃にスタートしているのに今ごろ取り上げているということから、炎上狙いに間違いないと。

でも、賛否両論、いろいろ議論が湧いたのは面白かった(興味深かった)ですね。

 

ちなみに、わたしの記事は新着に載るなどしてPVを稼ぐことができましたが、なんと誤って消してしまって現在は元の記事が存在しません(T_T)

書き直した記事(キャッシュを元に)が上記のカード型のリンク先の記事です。

書き直したこの記事と元の記事をあわせると、PVは800程度になります。

 

なお、物議を醸したこのCMの主演、新井浩文さん。新井さんだからこそ出せた演技が、この炎上の1つかもしれないとも思っているのですが、その新井さん、最近では妻夫木聡 vs. 柳葉敏郎の宝くじのCMで不気味な存在感を出しています。

www.takarakuji-official.jp

 

 

 

2位

www.ewave.space

 

これが、700ちょいです。

 

キーボードがペコペコする、というのをアップルショップ、ジーニアスバーで調べてもらい、最終的には修理してもらった話です。

この記事を書くにあたりネットでの情報を調べましたが、キーボードの不具合は、わたしだけではなかったんですね。

同じ機種の方でキーボードに違和感を感じている人は、アップルショップ、アップルストアのジーニアスバーで調べてみたらどうでしょうか。

 

このブログ、Macユーザーが多いんだろうなあ、ということを感じました。

 

この2つの記事がアクセスを稼いでくれたので、記事数が少なかったけどPV微増という結果だったのだろうと想像しております。

 

3位

www.ewave.space

 

これが、約380PV。


任天堂がウェブサイトで注文を受け付け、殺到。いまだに供給が追いつかないというNintendo Switch。

 

この随分前の記事なんですが、それほどにSwitchが人気があるからアクセスもあるんですねえ。

 

4位

www.ewave.space

 

これ、300弱です。

この記事も書いてから時間が経っているんですが、未だにアクセスをいただいてます。もうこの雑誌の付録はとっくの昔に終わってるんですが。

アイキャッチ画像が魅力的なのかな。

 

5位

www.ewave.space

約170です。


これも昔の記事です。

 

3位から5位の、昔の記事にいまだにアクセスいただいているのは、タイトル下に設置している「おすすめ人気記事」のリンク集があるから、ということも影響しているでしょう。

おすすめ人気記事はおおむね、1ヵ月に1回、直近の1ヵ月のアクセス上位の記事を貼り直しています。5位までにはいればずっと人気記事として紹介され続けるので、アクセスを稼ぎ続けることになります。

 

昔の記事にアクセスいただくのはうれしいのですが、新しい記事が埋もれてしないかという不安みたいなのも感じます。

おすすめ人気記事の存在は是なのか非なのか。

「おすすめ」の記事の選び方を考えたほうがいいかもしれないかも。

 

 

 

4.読者数

 

先月の107から、8月終了時点で108。

一度106まで減って、その後+2人で108という結果のようです。

増えもせず、減りもせず。

 

読者を増やすことは是(正しいこと)と思ってやってきましたが、↓この記事および巻き起こした論議から考えると、あまり読者数の増減に一喜一憂することでもないのかな、本当に読者のための記事を書くことが大優先なのかななどと思い始めています。

 

(元の記事は削除されたみたいですね。トップページを出しておきます) 

www.lonely-surfer.com