電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

素通りできない、九州豪雨

福岡に住む人間として、このたびの九州豪雨を素通りすることはできない。

 

f:id:e-wave:20170707113037j:plain

 

 

 

1.他人事ではなくなった

 

7月5日、5:55。NHKでけたたましい音とともに速報。

島根県に大雨特別警報、と報じる。

 

昔、広島で仕事していた関係からまったく無関係ではないものの、身内や同級生などなど心配になる存在はいないので、不謹慎だが他人事と思い、出社。

 

何時頃だったか、雨脚が強くなってきて、

 

おいおい、昨日の台風3号よりもよっぽどひどいね

 

と同僚たちとおしゃべりしていたのがうそのように、その後福岡県にも大雨特別警報。

他人事ではなくなった。

 

 

 

2.広島、平成26年8月豪雨

 

広島市の狭いエリアに集中的に雨が強く降り続いたことで、とんでもない災害が起きた豪雨。

平成26年、2014年8月の豪雨による災害を、正式名称では「平成26年8月豪雨」というらしい。

これが起きたとき、わたしは広島市に住んでいた。

 

未明から続く稲光、誇張すると「部屋の照明を点けっぱなしにして寝てしまった」と勘違いするほどの明るい夜。もちろん、うるさい。

十分な睡眠が取れずに目覚めた朝は、職場でもボーッとしてしまうほど。

 

そう言えば、あの従業員、被害のあった安佐南区だったな、と思い出し電話すると、

 

「わたしは大丈夫なんですけど、知り合いのお子様がお亡くなりになって・・・」

 

と。その時点では、死者数はまだ少なかったため、「うちの従業員の知り合いのお子さんが、その1人なのか」と、なんかやるせない、怖い電話だった記憶が鮮明。

 

 

 

 

 

3.マスゴミの愚行がここにも

 

 

 

こんな悲しいことも起きてしまう。

マスゴミだからと片付けられない。 

 

被害者の心情をふみにじる暴挙。

マスコミの誠実な行動を期待するほうが間違いなのか。

 

 

 

4.地球への畏怖と期待

 

天候には勝てない。

地球とはこれほどに怖いものなのか。

 

もっとゆっくり降ってくれないか。

1ヵ月分の降水量は1ヵ月かけて降ってほしい。

 

なぜこんなに暑いのだ?

うちわと扇風機と風鈴で過ごせた夏に戻れないものか。

 

そのためにわたしたちができること、やらねばならないことは何なのか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

自衛官や警察官。

使命と覚悟し、果敢に働く彼らたちにエールを送ることしか今のところやれることはない。

 

あと、我が家のクーラーはまだつけない。