電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

Appleのことは嫌いでもジョブズのことは嫌いにならないでください、が実現できそうな本「イラスト伝記 スティーブ・ジョブズ」

今や、故人となってしまったジョブズ。

彼の伝記は多く出版されてます。

わたしも何冊か読みました。好きなもんですから。

 

今回ご紹介する本は「イラスト伝記」。

手軽に読めますよ。

↓ これ

f:id:e-wave:20170617072744j:plain

 

 

 

 

熱狂的なAppleファン、ジョブズファンであれば、以下にご紹介するこんな分厚い本も読もうと思うんですよ。

 

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 

 

 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

  • 作者: カーマイン・ガロ,外村仁解説,井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 126人 クリック: 3,690回
  • この商品を含むブログ (302件) を見る
 

 

 

でも、さほどファンじゃない人、読書が苦手な人って、しんどいですよね。

ハードカバーって。

 

今回ご紹介するのは「イラスト伝記」。

その名のとおり、イラストと吹き出し、最小限の説明文。

それだけで出来てます。

 

ほら。

f:id:e-wave:20170617072920j:plain

 

 

ヘタウマなこのイラストと文字。

気楽に読み進められるし、テクニカルな用語や専門的な概念も説明してくれています。

ジョブズが、そしてAppleという企業がすごいことをやっているってことがわかります。

 

 

しかもジョブズのジョブズたるエッセンスが、逆にこのヘタウマな(ごめんなさい、何回も)イラストと文字だからこそ、説明できている感じがするんです。

 

 

 

 

ジョブズ好き、Apple好きなわたしでも、この本の存在は知りませんでした。

Apple教信者(Appleを熱狂的に好きな人たちをこう表現することがありますよね)の中にもご存知なかった方がおられるなら、そんな方々にもおすすめ。

 

 

 

 

わたしは民間企業の総務の仕事をしています。

日本は、ブラック企業を壊滅させようという動きが顕著です。

海外に目を向けると、Amazonは世界一のブラック企業と評され、そのトップであるジェフ・ベゾスは「世界最悪の経営者」とまで言われています。

ブラック企業は駆逐されるべきだとわたしも思いますし、このような流れにあるのはいいことです。

 

ジョブズは、自分の後継としてティム・クックを選びました。

「クックに何が創れるのか?」

と懐疑的、批判的な評価が多いですが、ジョブズよりはマイルドに、クレバーに企業統治、マネジメントをやっているように思えます。

ジョブズも晩年はそうであったように、適切なマネジメントをしなくてはならない。

そう悟ったジョブズ自身、いや、どこかにいる神様、仏様(ジョブズは禅を学んでました)が、ジョブズからクックへの(ジョブズの死による)交代を促したのかもしれません。

「ジョブズが企業を、従業員を率いるやり方は、もうダメだよ」

と。

 

 

うっと、こうまで書いてしまうと、

「お前、どんだけApple教信者やねん?」

と言われそうです。

 

もっとカジュアルに、ジョブズのことを知ることができます、この本では。

 

 

イラスト伝記 スティーブ・ジョブズ―世界を変えたすごい男!

イラスト伝記 スティーブ・ジョブズ―世界を変えたすごい男!