電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

iPad Pro 10.5インチを使い始めた感想と将来への期待

新しいiPad Proの発売が開始されました。

開封の儀の記事をアップしてるブロガーがわいています。

 

わたしは、スペックや機能を詳しく紹介するというのが下手くそだし、下手くそがそんな記事を出しても無意味な感じがするので、わたしなりの使った感想をご紹介します。(専門家の詳しい記事はApple「WWDC 2017」特集|ギズモード・ジャパンとかWWDC 2017まとめ - ITmedia NEWSなどをご覧ください。)

 

初代のiPad Proを使ったことがあるので、それとの比較の感想もあります。初代をご存じない方にはわかりにくいかもしれません。ご容赦を。

 

 

 

本体

 

画面が美しいです。

初代もきれいでしたが、さらにきれいになりました。

それと、画面の動きがスムーズです。

 

詳しくはわかりませんが、普通は画面を1秒間に60回リフレッシュさせているそうですが、新しいiPad Proは120回リフレッシュしているそうです。

そのためか、画面をスクロールさせているときも、カクカクするようなことがなくスムーズそのものです。



処理速度が速いです。

これは初代iPad Proから感じていたことですが、例えば動画の処理(トリム、書き出し)はMacよりも速いのではとも思えるくらいです。

たとえば、2分強の動画の書き出しが26秒ほどで終了しました。

Macでどれくらいの所要時間になるかを確認してませんが(説得力なし😅)、速いという印象です。

 

 

 

Smart Keyboard(スマートキーボード)

 

今回から日本語キーボードを選べるようになったのが大きいです。

USキーボードは、かっこいいのですが、使いづらい。

 

まず、エンターキーが大きくなり使いやすくなりました。

Smart Keyboard

 

↑ これ、大きくなったエンターキー。

初代のキーボードは使いづらかったんですよね。 

 


それと、かなキーと英数キーが出現し、かなと英数を切り替えやすくなりました。

それまでは2つのキーを押して切り替えるんですが、面倒臭かったんです。

普通のキーボードになってくれた、という感じ。

 

 

 

さらに、本体とSmart Keyboadを合体させ、ひざに乗せたときの安定感が増した感じがしました。(わたしがそう感じているだけかもしれません)

これまた、大きい進化です。

電車の中でブログを書いたりするのにありがたい進化です。

 

 

 

 

これからに期待

 

まだiPad Proは進化中です。

相変わらずパソコンの代替としての使用はできない。

 

今秋、iOSが11というバージョンになります。

これに期待してます。ていうか、これがあったから、今回iPad Proを再び買ったといっても過言ではないです。(初代iPad ProもiOS11に対応するそうです by Appleのサポート)

 

iOS11には、ファイル管理アプリ(Filesという名称だそうです)が搭載されるそうです。

 

www.gizmodo.jp

 

iPadをパソコンの代替ガジェットとして使おうと考えた場合、大きなハードルがありました。(とわたしは感じてました)

その理由の1つは、ファイルの管理がしづらいこと。

 

写真は「写真アプリ」で探す。

エクセルのファイルは、Keynoteのファイルは・・・それぞれのアプリ、もしくはクラウド上。

こういうのが非常にわかりづらかった。

これもAppleの思想ではあるらしいのですけどね。

 

今回、Filesというアプリが出ることで、普通のパソコン、Macと同じようにファイルが管理できるようになる(はず)。

こうなると、パソコンの代替としての使用に大きく近づきます。


もう1つは、マウスが使えたら、ということなのですが、iOS11でどうなるかわかりません。

マウスが使えたら、もうほんとにMacは要らなくなるかもですね。

 


ただし、CEOクックは、iOSとmacOSは統合しないと言ってます。

gigazine.net

 

iPadがパソコンの代替になることと、iOSとmacOSが統合することは同じではないですが、iPadがますます使いやすくなり、様々な場面でも活躍するようになってほしい、と願ってます。

 

 

新し物好きのわたしなもんですから、iOS11が待てず新しいiPad Proを買っちゃったのですが、初代iPad Proでも十分ですし、iPadの未来が楽しみなのは同じです。

 

ま、以上、非常に私的な感想でした。