電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

「願えば、夢は叶う」という言葉に思うこと。「総理の意向」が販売されてるって

願えば、叶う

 

とはウォルト・ディズニーの言葉だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

転勤して、新たな場所で電車通勤が始まって1年。

いつの間にか、わたしが電車を乗り降りする場所は、階段がある場所になってるんですよね。

電車を降りたらすぐに階段がそこにあり、移動が素早くできる。

 

わたしはせっかちじゃないんです。

でも、心の奥底に早く移動したい、早く家に帰りたいという本能があるんでしょうね。

だから、いつの間にか、電車に乗る・降りる場所が階段に近い場所になってる。

 

 

冒頭に書いたディズニーの言葉は、これまでは安っぽく感じていたけど、

 

あー、そんなこともあるんだな

 

と思うことも増えてきました。

 

 

 

でも、この言葉が通じるのは狭い世界。

ミクロの世界、せいぜい個人の範囲でしょう。

マクロな世界、日本とか政治、そんな切り口ではこの言葉が通じないですね。

 

政治のネタはブログにはご法度、と言われたりしますが、ここまでひどいと書かないことが苦しいほどです。

 

森友学園、加計学園、これらの問題に対する安倍政権、菅官房長官のコメントなど。

野党の追及の力にもどかしいと思う反面、政権の身勝手さ、思い上がり、裸の王様的な姿が情けなく思います。

 

 

「三権分立」とか民主主義を学校で教えている先生たちは大変ですね。

 

三権分立とはこういうものですよ(今の日本では崩れているけどね)

 

などと嘆いているでしょうね。カッコの部分は言葉には出してないけど、先生みんなの胸に去来してるでしょう。

 

三権分立とは別の力が、日本の仕組みの矯正に有効に働くかもしれません。

あの「加計学園 総理の意向」の文書全文がAmazonで販売されているらしいです。

文書の内容が人口に膾炙し、政治が変わるかもしれませんね。

 

 

加計学園問題「総理の意向」文書全文

加計学園問題「総理の意向」文書全文