電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

アレルギーの話の続き:アレルゲンの特定へ

お題「マイブーム」

「ブーム」ってわけじゃないけど、せっかくこのお題があるなら書かないわけにはいかんわな。

ってことで、アレルギーの話の続きです。

 

 

本日、耳鼻咽喉科を受診し、本格的にアレルギーへの闘いの準備をはじめました。

最初の記事で登場する医者は心療内科です。別の病気でかかっているんです。

なので、アレルギーは基本的には専門外。

「ひどければ、専門医の受診を」と言われてましたので、耳鼻咽喉科(もちろん、アレルギー科も看板にかかげてるとこ)を受診しました。

 

 

採血したのでアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)の特定はこれから進むと思いますが、問診票、発症の時季などから、

 

「たぶん、茅(カヤ)系のものでしょう」

 

とのことでした。

 

 

  • 仕事では外出しますか? →あまりしません
  • 職場の周囲にそんな種類の植物は見かけますか? →麦畑とか多いです →ははーん、カヤとは違うけど似たような系統ですね

 

てな、耳鼻科医とのやりとりでした。

処方していただいた薬は、

 

  • プランルカスト錠
  • タリオン錠(前回のフェキソフェナジンよりも効きが少し強いそうです)

    プランルカストとタリオン

  • アラミスト点鼻液

    アラミスト

  • アレジオン点眼液

    アレジオン

 

診察してくれた耳鼻科医は、ご自身も若いころから花粉症らしいです。アレルゲンはスギ花粉だそうです。

上記の処方薬も「わたしが使ってて効くのを処方しときますね」と言ってくれてました。(アレルギーの場合は、“医者の不養生”ではないよなあ)

 

 

アレルゲンの特定はまだですが、現時点でできる“武装”は準備完了。

さあ、アレルギーってヤツよ、かかってこい。

こっちは武装完了、気合も十分。

 

 

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)