読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

このブログは、URLを変更いたしました。引き続き、よろしくお願い申し上げます。 変更後のURLはこちらです。 http://www.ewave.space/

誰か!この非日常感を説明してくれないか パート2

この看板、見づらいかもしれませんが、

「お客様 10分ですぐ帰ります」

と書いてあります。

 

f:id:e-wave:20170421180311j:plain

 

ここはご婦人向けの衣料品店ですが、店長さんは、用事を済ませるために外出し、10分したら戻ってくる、と考えて、このお知らせを貼ったのだろうと思います。

 

たとえば、店長は13時に外出、13:10に戻ってくる、ということだったと思います。

 

でも、客がこの貼り紙を見る時刻はバラバラ。

13:01に見た客は13:11に戻ってくるだろうと予想する。

13:09に見た客は13:19に戻ってくるだろうと予想する。

 

そう、「10分」という表記は、不正確で不親切だ。

客にわかりやすく書くのなら「13:10には戻ります」と、時刻を書くべきだ。

 

 

わたしもそうだが、「時間」という表現はわかりづらい。

ざっくり区別すると、

 

 

  • 時間:10分、1時間というような長さ
  • 時刻:13時01分という、ある時点での時刻

 

 

という違いがあるはず。

でも、英語にすると、どちらもTIMEになるんだよね〜。

(使い分ける単語があれば、どなたか教えてください)

 

 

「パート1」でご紹介した「本日定休日」も本質的には同じだ、とわたしは考える。

www.ewave.space

 

時間と時刻、読む人が誤解ないよう、しっかり使い分けたいもの。