電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

あなたの朝の歯磨きは起きてすぐ? 朝食後?

今週のお題「卒業」

あなたの朝の歯磨きは起きてすぐですか? 朝食後ですか?

 

f:id:e-wave:20170223122145j:plain

 

 

わたしは、以前は朝食後でしたが、以下の記事を読んでから「起きてすぐ」に変更しました。そして、もう戻れなくなりました。朝食後の歯磨きを卒業です。

 

www.mama-eiseishi.com

 

 

わたしは医者・医療従事者じゃないので、朝起きてすぐの歯磨きの方が効能があることの正確な説明は、上記のリンク先をご覧ください。


上記の記事が出る前後だったと思います、わたしはマウスピースを作りました。

 

わたしは噛む、食いしばる力が強いようです。寝ているときの歯ぎしりもあるみたい。妻からは「ひどいわけじゃないけど、してるのはしてる」程度の話でした。

夢で時々、歯が折れるまで食いしばらないとつらい、という場面に出くわします。そういうときはきっと歯を思いっきり食いしばっているのでしょう。

そのために歯の表面が削れていたり、歯ぐきの部分から横向きに(内側に向けて)ぷくっと骨が出ている状態にまでなっています(骨隆起というらしい)。噛む力が強いと歯に負担があることは簡単に想像できますよね。しかも、虫歯にもなりやすいらしいです。

起きている間は問題ありませんので、寝る間に装着するためのマウスピースです。ナイトガードとも呼ばれているらしいです。

 

これを作ったときに歯医者からもらったアドバイスです。

 

  • 歯と同様にマウスピースも清潔にしなければならない。むしろ歯よりも気を使わなければならない
  • 起きたらすぐに歯みがきとマウスピースの洗浄をしっかりすること
  • マウスピースはできれば、洗浄に加えて、浸け置きタイプの洗浄剤につけて置くのが望ましい

 

ということでした。

いざ、マウスピース生活が始まると、朝起きたときの口の中のヌチャヌチャ感があります。これは医者から言われなくてもすぐに磨きたくなるほど。

なので、わたしの場合は自然と「起きたらすぐに歯磨き」をする習慣が身につきました。

 

  1. 起きたらすぐに歯磨き
  2. マウスピースも同じく歯ブラシでブラッシングし、殺菌用の泡をつけて指でゴシゴシ洗う(泡は普通の手洗い用の泡ですが、こういうやり方でいいのかはわかりません)。数日に一回はマウスピースは発泡する洗浄剤に浸け置き洗い
  3. 朝食を食べる。その後、うがい(リステリンなどの洗浄液を使うこともあります)して出かける


「歯磨きは、朝ごはん食べてからやろ」

という方は、磨いた後に食べ物を食べるのが気持ち悪いと思われるかもしれません。確かにそうですよね。わたしも以前はそうでした。

でも、逆に「起きたらすぐに歯磨き」を始めると、夜中に口の中にできたヌチャヌチャ(の正体)が汚らしく感じられ、そこにご飯を食べる違和感が発生します。こちらの方が違和感があるんですよね。

なので、今や「医者からのアドバイスに従い、やっている」ではなく「本能的にやっている」感じです。


マウスピースを使ってない方についても、「起きたらすぐに歯磨き」の方が効果があるみたいです。

冒頭にあげたブログ記事を参考にしてください。

 

 

とにかく、始めてみたらわかります。
押し売りはしません。でも、オススメします。経験者として。世界が変わりますよ。