電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットなどが好きです。雑談もしてます。

ブログチャレンジ「夢日記を投稿する」はこんなんでいいのかな?

ブログチャレンジ〜中級〜のタスクの1つに「夢の話を書け」というのがあります。

簡単そうにみえて高いハードル。なぜならわたしは夢をみないんですよね〜。見ても忘れてしまう。

ようやく、記憶にはっきり残る夢を見たのでご紹介です。

 

 

 

 

夢のストーリー

 

とある外国(多分、米国)の飛行機(普通の飛行機じゃない。オスプレイ的な、一般的なものとは形が異なるユニークな機体)にて、「希望する人は、わが国(しつこいけど多分、米国)にお連れしますよ」と呼びかけてる。

で、わたしは荷物を持って乗り込みました。

しかし、想定したより人数が集まりすぎて、積載量の制限を超えてしまった。だから、全員は連れて行けません。ということになり、なくなくわたしは降りました。

 

「降りたのは大変残念。次に機会があればぜひ連れて行ってください」という主旨のメールをその主催者(?)に向けて送ろうとしたら、ガラス窓の外にはその飛行機が飛び立とうとする姿が。

「あー、うらやましいなあ」と思っていると、突然その飛行機は奇妙な動きを始め、数秒後には落下し先頭から地面に激突。

 

「ありゃー、乗ってなくてよかった」

 

という結末。飛行機の先頭がめちゃめちゃに損傷しましたので、操縦士ひとりくらいは死んじゃったんだろう、という感じでした。

それで、夢は終わり。

 

 

 

飛行機の夢

 

飛んでる飛行機を見るって夢、時々見ます。

しかも、なぜか墜落する。どういう意味があるんでしょう?

 

夢を分析してくれるサイトがないか探してみたらありました。そこで検索してみたら、「あなたは何かを変えたい」と思っている、とのこと。

そうなのかあ。自分ではわからないなあ。

 

(そのサイトを教えてよ、って方は検索してみてください。信じるか信じないか、いろいろあると思いますし、結果にわたしも保証を持てませんので。m(_ _)m)

 

 

 

夢日記のススメ

 

昔の上司から「夢日記を書くといいよ」と言われたことがあります。

夢の奥底にはその人物を理解する何かがあるんでしょうか。

自分を見つめるのにいい機会なんでしょうか。

 

当時、その上司に理由を聞くことはなかったのでわかりません。正直に申し上げて、夢のストーリーがどんなものに起因しているのか、少々気持ち悪かった、というのもありました。

 

でも、その上司はその後会社を辞め、大学に再入学。今では臨床心理士として、何冊かの本の著者として活躍していることからすれば、意味のあることだったんだろうなあ、といまさらながら後悔してます。

 

 

はてながブログチャレンジとして「夢日記を投稿する」をタスクに加えた理由もわかりません。

中の人、よろしければ教えてください。

あるいは、この記事をご覧になった方で詳しいかたはコメントください。

 

夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1)

夢判断 上 (新潮文庫 フ 7-1)