電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

MacBook Proを好きだと叫びたいから叫ぶ(パート2)

前回に続き、Macラブな話を。

 

前回のMacラブな記事はこちら。

e-wave.hatenablog.com

 

 

 

「なぜ、最新ではなく一世代前のMacBook Proを買ったのか」について、あんまりかいてなかったですね。

 

MacBook Pro

 

 

 

 

現在発売されているMacBook Pro(以下、MBPと略します)は、最新世代と1つ前の2種類が発売されており、わたしが買ったのは1つ前の世代のもの。

その理由を十分説明していませんでした。

 

 

理由1:価格

 

前回の記事で簡単に触れてました。

比較検討したのは13インチですが、2万円の差があり、一世代前のMBPが安いです。

世代が古ければ安いのは当たり前とも言えます。

 

 

理由2:インターフェース

 

新しいMBPは、USB-Cポートが3つ。Thunderbolt 3が2つと電源用。

一世代前は、USB 3ポート x 2、Thunderbolt 2ポート x 2、HDMIポート。そして電源用はMagSafe 2ポートが1つ。

 

インターフェースに革命を起こしてきたApple、そしてインターフェースの進化こそITガジェットの進化と疑わないのですが、時期的にはまだかな、と。

 

最近でこそ、USB Cを採用したスマホは出てきましたけど、一般化まではまだまだ。

デジタル一眼レフカメラ・ミラーレスカメラも使ってると、SDカードスロットは手放せない。ましてや以前のMacBookが動画処理ではもたつくので、せめてインターフェースだけでも直結させて読み込みたい。

 

 

理由3:Touch Barはまだ要らない

 

最新MBPの目玉のTouch Bar。こんなのです。

touch bar

 

キーボードのファンクションキーの位置に、スマホタブレットの液晶パネルがあるみたいなものです。

物理的なキーじゃないので、いろいろな機能を付与することができるみたいです。

 

ファンクションキーの操作ができたり、電話を受けたり、顔文字・アイコンを入力するなどの操作が可能になってます。

 

実際に触ってみましたが、面白いのは間違いないんだけど、現時点ではまだ要らないかな。

もしかしたら、この機能のおかげで新機種が高いのかもしれない。だったら、この機能はいらないから安いのを買います。

 

 

理由4:CPUの性能

 

この理由が決定打だったかも。

今回比較した2つのモデルで言えば、最新世代のMBPのCPUは2.4GHzとか3.1GHzとか。わたしが買った一世代前のものは、2.7GHz。

さほど変わりません。

 

特に今回わたしが比較した新旧モデルでは、新:2.0GHzに対し、旧:2.7GHzです。つまり、新世代の方が能力が下なのですよ。

 

「なんで、最新のMBPに、ひと世代前のMBPより下のCPUを入れたんですかね?」とは、量販店の店員の弁。そりゃそうだよね。(アップルストアの店員は言ってなかった・・・)

 

 

 

総括すれば、

 

新しすぎる機能(Touch Bar)は要らない

低価格帯でみたら、CPUは旧世代の方が上

 

という、至極シンプルな理由での一世代前のMBP購入でした。

 

 

【追記】残念なのは、バッテリーの消費が早い感じがすること。バグかなにかなのであれば修正してほしいものです。

jp.techcrunch.com

 

 


Apple アップル MacBook Pro MF839J/A 13.3インチ Retinaディスプレイモデル SSD128GB 2700/13.3 Intel Core i5 マックブックプロ MF839JA【02P03Dec16】