電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

Evernoteの日記についての蛇足、なぜ私は百年日記を書き始めたか

Evernoteで日記を書いている話を以前しました。

 

 

e-wave.hatenablog.com

 

 

この中で、百年日記的な日記の書き方をご紹介しました。

この「百年日記的な日記の書き方」、私は通年日記と呼んでますが、それは、あるきっかけで始めました。

文房具店で百年日記の日記帳を見つけたわけでもなければ、誰かに勧められたわけでもありません。自然発生的にです。そのきっかけと、結局は今は続けていないことをご紹介します。みなさんに参考になれば、と。

 

 

 

1.それは、12月14日から始まった

 

最初に始まったのは、12月14日です。

とある時期にお付き合いをしていた女性の誕生日です。Xさんとしておきます。

 

 

f:id:e-wave:20161108122845j:plain

 

 

「俺はXさんと結婚するだろうな」

Xさんに対して、そんなボヤーッとした感情を抱いてました。

もうこの女性が最高というか、彼女以上の女性は出ないだろう、そんな思いから、「理想の女性ってどんな女性なんだろう」ということを書き留めました。

 

少ないのですが、過去にお付き合いしていた女性は、Xさんと比べてどうかとか、芸能人や有名人で理想的と思える人って誰だろうか、とか。そんなことを書きつづっていきました。

 

このような考えは、時間の経過とともに変わってきます。

あらたにデビューする芸能人を加筆したり、あるいは昔の彼女への感覚も年を経るにつれ変わってきます。それらに対し、Xさんはどうなのか・・・についても。

なので、違う年の同じ日に、「理想の女性とは」という切り口で、普通の日記に加えて、書き込んできました。

 

なかなかおもしろいものです。

同じネタを、毎年同じ日に書くという行為は、自分の変化を感じられて面白いものです。

好きな芸能人ランキングも変わっていくし。

 

 

理想の女性を考えると、その逆に理想の男性、ひらたくいえば、私はどうあるべきか、も必然的に考えることになります。

そのような日記の蓄積は、なかなかのものになっていきました。

 

結局、Xさんにプロポーズしました。

彼女は泣きながら喜んでくれ、受け入れてくれました。人生最高の日だったんじゃないかなあ。

 

 

 

2.通年日記をやめた理由

 

他にも、パソコンのHDDの整理をする日(何月何日だったか忘れました)とか、もう一つ同じネタで日を決めて書いていた日記がありました。

通年日記の面白さはずっと続いていました。

 

でも、止めることにしました。

それは、Xさんと私が結婚しなかったからです。できなかったから、が正確かな。

 

いろいろな事情で結局別れることになりました。

この「事情」は、事実としてわかっている原因もあれば、真相がよくわからない現象も影響しているかもしれず、あまり触れることはできません。

最高と思っていた女性と別れ、彼女を思い出すことがつらく、また別れることになった事情も、不可解なことがからんでいたりするらしいこともあり、振り返りたくなくなったのです。

 

その後、素敵な女性があらわれ、彼女と結婚してから、しばらくは理想の女性を書き続けました。

が、上掲のとおり、振り返りたくなくなり、また振り返る必要もなくなった(それだけ、妻が、私にとってかけがえのない存在であり素敵な女性だから)ので、やめました。

 

「今となってはいい想い出」とするほど生易しい恋愛ではなかったのですが(あ、私が未だにXさんに嫉妬とかしているわけじゃなく、いろんな事情という部分です)、何も手を加えず放っておいたほうがいい話として、通年日記をやめました。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、前回そして今回の日記の記事で、読者の方々から「通年日記、やるべきだよ」とのお声をいただき、その気になったら再開するかもしれません。

 

 

カローラIIにのって

カローラIIにのって