読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

iPad miniをパソコンにしてしまうキーボードカバーがなかなか良い

昔から探していたんです。iPad miniにフィットするキーボード。

 

 

 

たまたま見つかった良品

 

 

Amazonには、3,000円程度のものがあるんだけど、レビューが点数低かったり、量販店をのぞくと1万円程度の価格のものしかない。

手を出せないでいました。

 

 

で、仕事で外出した際、近くに電気量販店があったので、立ち寄ってみました。

iPadの取り扱いがないアウトレットで、しかも田舎なので、あるわけないと思いながら、クーラーに涼むだけでも、と入店。そしたらあったんですよ。

 

f:id:e-wave:20161016144203j:image

 

 イツワ商事さんの、Bluetoothキーボード iPad mini用KBTK01。

5,300円ほど。

おそるおそる、というのが本音でしたが、結果的には正解な買い物。

 

 

開封の儀と装着

 

f:id:e-wave:20161016144219j:image

 

全体像はこんな感じ。

 

 

f:id:e-wave:20161016144223j:image

 

こんなシールが付いてます。キーボードの底面に貼って、クッション&キーボードに傷がつかないように。ありがたいです。

でも、自分で貼らなきゃいかんのですよね。

案の定、ちょっとズレた。まあ、いい、それくらいは。

 

 

f:id:e-wave:20161016144229j:image

 

iPad ProのApple純正のキーボードと同じように、キーボードの上辺あたりをiPadの本体と磁石でくっつけます。

 

 

f:id:e-wave:20161016144234j:image

 

付けたあとはこんな感じ。

 

 

f:id:e-wave:20161016144238j:image

 

iPad本体を裏返すと、こんな感じです。

 

 

f:id:e-wave:20161016144241j:image

 

キーボードを使用する際は、溝の部分にiPad本体をさしこんで、こんなふうにして使います。

 

BluetoothiPadと接続。

同封の説明書のとおりやれば、かんたんに接続完了です。

 

 

 

キーボードの使い心地

 

まあまあ、5,000円台のクオリティかな。

キーをしっかり押し込まないといけないし、キーが若干ぐらつく不安感も抱いてしまいます。

それでも、iPad本体のソフトウェアキーボードを叩かないで済むのは、画面全体が使えてありがたい(それが外付キーボードの目的そのものなわけですが)。

 

スリープ機能もついており、最低限の機能はある。

うん、これは正解です。

 

 

Amazonには見当たらなかったので、別の製品を貼っておきます。

2016/10/16現在で価格は3,990円から、だそうです。

おい!、安いし、レビューも高いやないかい!