電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

格安SIMでiPhoneを使うなら絶対にしておかなければならない1つの設定

格安SIMがいよいよ成熟してきてます。

 

かくいう私も、今月頭から格安SIMにしています。
そのご紹介はおいおいしていこうと思いますが、今回は、格安SIMでiPhoneを使うにあたり、私の失敗談をご紹介し、皆さんには同じミスをしないでいただきたい、ということを書きます。

 

それは、Appの自動アップデートをオフにする、もしくは最小限のアプリだけに限定することです。

 


1.いつの間にか大量の通信量

 

格安SIMに限らず、大手キャリアも、月間の通信量には上限があります。

今回、私が使っている格安SIMの場合、3GB。

大手キャリアは一般的に7GBなので、少なくなります。

これまでより、通信量を気にしておかないといけなくなるわけですね。

 

わたしはもちろんそのことは承知してました。使い始めからずっと、1日あたりの通信量をチェックし、問題ないことを確認していました。少々多めかな、くらいでした。

 

↓このアプリでチェック 

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

  • Internet Initiative Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

 

 

 

 

が、ある日、1GBもの通信をしていたことを、数日後に気づきます。

「ありゃ、その日、どんな行動してたかな?」となります。

 

その日は外で、パソコンを使ってました。iPhoneを使ってのテザリングです。

でも、ふだんのテザリングは、だいたい200MBとか300MBとかです。その日も思い出してみれば、通常の利用しかしてませんでした。動画の閲覧などは、外出時にすることはありません。

 

じゃあ、大量の通信はテザリング以外に原因がある、と考えねばなりません。

 

 


2.アプリの自動アップデート

 

結局、たどり着いた原因、それは、アプリの自動アップデートをONにしていたことでした。

 

「設定」→真ん中あたりの「iTunes & App Store」で出てきた画面で、アプリのアップデートをオフにします。

 

f:id:e-wave:20160727230006j:plain

 

ぼかしてない「アップデート」の部分を、緑色から白い色になるように丸いのをスライドさせます。それでOKです。

 

自動アップデートにすれば、言葉のとおり自動でアップデートできるので便利なのですが、知らぬ間に大量に通信したり、アプリによってはアップデートを待った方がいいときもあります(アップデートしたがために、動作がおかしくなったとかね)。

ちなみにアップデートしたいときは、Wi-Fi環境で手動で行うなり、パソコンにつないでiTunesでやるなりしてください。

 

他にも、やっておきたい設定はありますが、まずはこれ。アプリの自動アップデート。これはオフにする。

覚えとこう。

 

 

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043