電磁波で死んでしまう前に

MacとかiPhoneとか、デジタルガジェットの電磁波に囲まれて人生は幸せだと叫びたいブログ。

新MacBookを買おうと思ったけどやめて、一個前のMacBookを買った話

新しいMacBookが発表になったので、買おうと思ってお店に行ったけど、店員さんに説得(推奨)され、一個前のMacBookを買いました。

 

 

f:id:e-wave:20160506131549j:plain

 

 

具体的に、買ったのはMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)です。

 

新しいのではなく、なぜ一個前のMacBookを買ったかというと、

 

【俺自身のポリシー】

  • 今後、俺のIT環境は、iPad Pro 9.7をメインにしていく
  • そのため、今回買うMacは、iPadが持っていない、基本的な機能を有していればOK

 

【店員の説得】

  • 新しいMacBookと一個前のMacBookでは、大きな性能の違いはない
  • 一個前のMacBookは2万数千円ディスカウントしてる

 

 

ということでした。まあ、店員は在庫処分をしたかったのでしょう。他の量販店も同じような状況でしょう。

 

まあ、それにしても薄いね。写真をご覧いただければおわかりいただけると思います。

それと、キーボードの打鍵の感覚の違和感。

タブレットの上で指を滑らせていると言ってしまうと大げさだけど、それに近い感じ。

iPad ProのSmart Keyboardよりも、キーボードらしくない。

 

↓ こちらがSmart Keyboard

f:id:e-wave:20160506132607j:plain

 

 

↓ こちらがMacBookのキーボード

f:id:e-wave:20160506132926j:plain

 

キーボードをタタターンと叩いて長文を仕上げたら、エンターキーを打った手を高々とかかげ満足感を誇示する御仁がいるが、あの方々には満足してもらえないだろう。

 

まあ、それでもマカー(昔からのMacユーザー、あるいはApple信奉者。僕もそれ)はこれに馴染んでいくんだろう。

インターフェースがUSB-Cしかない点も含め。